シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

ヒマワリと五重塔    7月18日

             満開のヒマワリと備中国分寺(五重塔)  

  今年は農家の協力で植付面積が従来の3倍ほどに増えたため、一面に咲くヒマワリも見ごたえがあるばかりではなく五重塔とのコラボもすばらしいです。今までになかった光景です。マスコミの報道によって多くの人が訪れています。 
 撮 : 7月14日・16日      
          咲き誇るヒマワリ
       一面に広がるヒマワリ
FC2B6030.jpg

       アップ1輪と五重塔
FC2B6031.jpg

       囲まれた五重塔
FC2B6032.jpg

       コスモスも仲間入り
FC2B6033.jpg

       夕日が塔頂(ガラン)に
FC2B6034.jpg

       夕焼けにコスモスと五重塔
FC2B6035.jpg

       多くの見物客
 撮 : 7月16日
 マスコミ報道後の日曜日の様子。50人以上並んで思い思いの写真を撮っていました。
FC2B6036.jpg

          3色が咲くスイレン
 近くの砂川公園の小さな池に3色揃って咲いていました。
FC2B6037.jpg

FC2B6038.jpg

FC2B6039.jpg

FC2B6040.jpg
    
スポンサーサイト

最近撮った山野草他    7月17日

             最近撮った近場の山野草など

 総社の山や近くで撮った咲き始めの山野草などをアップします。
 撮 : 7月13日~16日

          キレンゲショウマ
 まだ1輪・2輪と日替わりに咲いている状況です。陽当たりの良いところは蕾の状態で日焼けして残念です。
FC2B6009.jpg

FC2B6008.jpg

FC2B6007.jpg

          フシグロセンノウ
 株数が少し減った感じでしたが最高の見頃を撮ることが出来ました。
FC2B6011.jpg

FC2B6012.jpg

FC2B6013.jpg

FC2B6016.jpg

          ユウスゲ
       蕾 朝撮り
FC2B6014.jpg

       夕方の開花
FC2B6018.jpg

       枝一杯に
FC2B6020.jpg

          ヤブカンゾウ 忘れ草
 ヤブカンゾウ・ノカンゾウなど咲いていますが、ヤブカンゾウは花弁が八重になっているようです。
       ヘメロカリス
 赤系の花色が濃ゆいですね。ユウスゲと同じ場所にさいていました。  園芸品種
FC2B6017.jpg

FC2B6019.jpg

          ヒルガオ
 山の雑草中にひっそりと咲いていました。
FC2B6022.jpg

          トンボソウ
 今年はある山で多くの株の開花をれました。
       1本立ち
 このような大株が多かったようです。
FC2B6027.jpg

       アップ
FC2B6028.jpg


          アケビ
 今年はどのアケビも花は一杯つけていましたが結実したのは非常に少ないようです。
FC2B6023.jpg

          ハッチョウトンボ
 もうトンボの夏は終わりに近いのか数が減ってきました。秋の訪れが早いのかな。
       ♂か♀か
 これからオス色に変化していくのでは。
FC2B6026.jpg
       メス
FC2B6025.jpg

       オス
FC2B6024.jpg
              

総社の山の山野草    7月7日

             キレンゲショウマなどの山野草

 総社の個人の山に今年もキレンゲショウマやスズサイコなどの花が咲き始めたようです。早速撮ってきました。
 撮 : 7月3日

          スズサイコ 
FC2B5973.jpg

FC2B5974.jpg

          キレンゲショウマ
 まだほとんどの株は蕾でした。これからが楽しみです。
FC2B5975.jpg

FC2B5976.jpg

          ムラサキニガナ
FC2B5977.jpg

FC2B5978.jpg

FC2B5979.jpg

          キバナツリフネソウ
FC2B5981.jpg

          ヒメユリ         
 1輪残っていました。
FC2B5982.jpg

          カキラン
FC2B5985.jpg

FC2B5986.jpg
          

コムラサキ (蝶)    7月6日

             高梁城址のコムラサキ(蝶)

 高松城址へハスの花を撮りに行ったときコムラサキがいるよと教えられ撮りました。2日続けて撮りに行きましたが梅雨時で陽当たりがなく色を撮るのに苦心しました。
 参考までにムラサキと名のつくオオムラサキ(蝶)と植物のムラサキも併せてアップしました。

 撮 : 7月1・2日

          コムラサキ
 光線によって変化が激しいです。
FC2B5993.jpg

FC2B5994.jpg

FC2B5995.jpg

FC2B5996.jpg

FC2B5997.jpg

FC2B5999.jpg

          オオムラサキ  国蝶
 撮 : 2012/06 新見市草間
  3年位前に木が切り倒され今はチョウもおりません。小さな公園でしたがスズメバチもいたのでやむをえないでしょう。やはり風格がありますね。
FC2B6000.jpg

          ムラサキの花
 撮 : 2016/05 岡山県
 今は山裾に1株のみ毎年咲いてくれます。花の存在を知ったときは2株あったのですが。花は白ですが根っこのイモから紫染めの染料を採っていたそうです。昔から高貴な人が身につける染物の原料でした。
FC2B6002.jpg

FC2B6003.jpg

高松城址のハス    7月5日

             高梁城址の宗治ハス&大賀ハス

 雨上がりの朝「羽柴秀吉公」の水攻めで滅びた備中高松城跡のハス池に咲く蓮花を撮りに出かけました。宗治ハスはまだ少し早い感じで大賀ハスは見頃でした。途中からは「コムラサキ」と「チョウトンボ」に気を取られてしまい、再度翌日にも出かけました。
 撮 : 7月1・2日

             宗治ハス
       淡いピンクのハスと蕾
FC2B5954.jpg

       落ちそうな花弁
FC2B5955.jpg

       終わったハス
 昨夜の雨にたたかれ
FC2B5957.jpg

       水玉に浮かぶ花弁1枚
FC2B5958.jpg

           蓮池の大賀ハス
       一面に咲く大賀ハス
FC2B5960.jpg

       映り込んだハス
FC2B5961.jpg

          いぶし銀のチョウトンボたち
       とまる寸前
FC2B5959.jpg

       しっかり止まりました
FC2B5962.jpg

       着地を求めて飛翔中
FC2B5964.jpg

FC2B5965.jpg

       蕾の頂点に着地
FC2B5972.jpg

       逆立ちするトンボ
FC2B5968.jpg

       ドッキング中のトンボ
FC2B5966.jpg

       恋が終わる直前
FC2B5967.jpg

          白いネジバナ
       良くネジれています
FC2B5970.jpg

       ひねりが不足です
FC2B5971.jpg