シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

美川のヒガンバナ    9月23日

             美川に咲くヒガンバナ
 県内のヒガンバナの名所である矢掛町美川のヒガンバナを撮ってきました。今年も地域の人たちが草刈りをされたということで、見ごたえのある花が一面に咲いていました
 撮 : 9月21日

          河川の中に咲くヒガンバナ
 カーブする土たまりに毎年咲いてくれます。川幅が狭いので河川敷とは言い難いです。

       ナミアゲハがやってきました
 川は濁っています。
FC2B6485.jpg

       チョウも食事に忙しそう
FC2B6486.jpg

       水量を監視するヒガンバナかな
 残念ながら2日前の雨の影響で川が濁っています。
FC2B6491.jpg

       一等地に咲く
FC2B6494.jpg

       撮影ポイント
 この地一番のポイントです。もう少し手前があるのですが。
FC2B6488.jpg

          白糸の滝 
 この滝のヒガンバナはほんの少しです。川筋の土手には咲いているのですが。

       石識と滝への橋
FC2B6476.jpg

       滝とわずかに咲くヒガンバナ
FC2B6477.jpg

       滝を見つめる
FC2B6478.jpg

          別の場所に移動して
       法面に咲く
 山裾の一軒家への道つくりでできた法面でしょうか。
FC2B6479.jpg

       リコリスアルビピンク?
 多くのヒガンバナの中でここ2本のみでした。園芸種なんでしょうね。
FC2B6480.jpg

FC2B6481.jpg

       実る稲とヒガンバナ
FC2B6483.jpg

       集落の法面に残るヒガンバナ
FC2B6502.jpg

 稲刈りが終わった田圃で新芽が出て
FC2B6504.jpg

       鎮守の建屋に残る古絵馬
FC2B6500.jpg

       お地蔵さまとヒガンバナ
 屋根付きのお地蔵さんで集落の人たちにしっかりと守られているのでしょう。わずかな隙間よりヒガンバナが。
FC2B6499.jpg

       干し藁の向こうにヒガンバナ
FC2B6506.jpg

       干し藁を回収する農家の夫婦
 撮影が終わった直後で良かった。少し前までは大阪よりの写真ツアーメンバーが撮影していた干し藁でしたが。
FC2B6507.jpg
スポンサーサイト

秋の花他    9月16日

             近くに咲く秋の花たち
 久しぶりに総社の山へ秋の花を撮りに行ってきました。春から夏に咲いた花は土中や雑草に隠れてしまい、代わりに地味な秋の花が姿を見せていました。林道の脇には彼岸花が鮮やかな色で咲き始めていました。
 今日は蒜山のソバの花を撮りに行く予定が天気予報が曇りなので取りやめこちらの山の花に変更した次第です。

 撮 : 9月15日

          総社の山に今咲いてる花たち
 今秋の初撮りは、カリガネソウ・オケラ・ミズアオイ等です。
       カリガネソウ
FC2B6463.jpg

FC2B6462.jpg

       オケラ
FC2B6464.jpg

FC2B6465.jpg

       ヤマジノホトトギス
FC2B6466.jpg

FC2B6475.jpg

       オミナエシ              
FC2B6468.jpg

FC2B6471.jpg

FC2B6470.jpg

       ミズトンボソウ       
FC2B6467.jpg

       アケビ
 昔は秋の味覚の一品でしたけどね。
FC2B6472.jpg

FC2B6473.jpg

       実った柿
FC2B6474.jpg

       ミズアオイ
 山中の湿地に今年も咲きました。
FC2B6460.jpg

FC2B6461.jpg




再び比婆山系へ    9月5日

             池の段周辺の山野草

 先週に続き山野草を求め立烏帽子山・池の段・竜王山を散策してきました。前回見当たらなかった花が開花しヒヨドリソウなどは終わっていました。今回の目玉はアケボノシュスランです。
 撮 : 9月2日

       竜王山山頂のススキと山並み遠望
FC2B6433.jpg

       山頂識柱
 この山頂からの見晴らしはありません。見晴らしは南北とも少し下がったところです。
FC2B6432.jpg

          今日の山野草たち
       アケボノシュスラン
 今年は例年になく数多く咲いており見頃でした。
FC2B6409.jpg

FC2B6408.jpg

FC2B6410.jpg

       ツルリンドウとアケボノシュスラン
FC2B6411.jpg

       キバナアキギリ
 前回は固い蕾ばかりでした。
FC2B6415.jpg

       マツムシソウ
 マツムシソウはもう終わりに近いです。
FC2B6420.jpg

       ワレモコウ
FC2B6422.jpg

       タムラソウ
FC2B6426.jpg

       ホソバシュロソウ・白花
FC2B6429.jpg

       シュロソウ
FC2B6428.jpg

       ヤマジノホトトギス
FC2B6442.jpg

       ツルニンジン
FC2B6439.jpg

       ツルリンドウ
FC2B6440.jpg

       今日のアサギマダラ
 もう南へ帰ったのか2頭しか姿を見せませんでした。
FC2B6404.jpg

       見納め・別れのアサギマダラ
FC2B6406.jpg

ミヤマウズラ    9月4日

           近くの山に咲くミヤマウズラ

 ほぼ毎朝登る近くの山に今年も多く咲きました。昨年新しいルートでの開花を確認したので、今年もこのルートでの確認をしましたが大体花をつけていました。今年は残念なことに満開数日前に花を摘み取られる事態が発生しました。登山道脇にあり皆なが満開を楽しみにしていたのに。5年以上同じ場所に咲き盗掘にもあわず楽しませてくれていたのですが。
 撮 : 8月31日

          ミヤマウズラの容姿いろいろ

       アップのミヤマウズラ
 何かに似ていませんか。
FC2B6391.jpg

       1本立ち容姿
FC2B6390.jpg

       岩壁のコケの中から
FC2B6394.jpg

       岩壁に纏まって
 ここに根付いて年数が短いようです。
FC2B6395.jpg

FC2B6396.jpg

       別の株を上から
FC2B6398.jpg

       岩の上の狭い場所で
FC2B6397.jpg

       雨水の通り道に咲く
 3年ほど見ることが出来なかったのですが今年は姿を見せてくれました。
FC2B6399.jpg

       こちらも3年振りです
 この岩の上に咲いていたのですが1メートル位落ちたところに残っていました。
FC2B6400.jpg

       花を摘まれる前の咲き始め(証拠写真)
 下の写真の花を摘まれる前です。 (撮 : 8月24日)
FC2B6402.jpg

       花を摘まれたミヤマウズラ
 この山で最初に見たミヤマウズラです。ツルを地面から延ばし岩の上に頑張っています。10年近い付き合いですかね。
FC2B6401.jpg

       密集のミヤマウズラも  撮 : 8月31日
 小さな岩に密集しています。花は14本咲いてていたと山友たちが言っていました。写真をよく見ると分かると思います。私は8月24日に咲いているのを確認していたのですが。
FC2B6443.jpg

       気分直しにアップのミヤマウズラを
FC2B6445.jpg

湿地の花    8月28日

             ミズオオバコ・ミズトンボ他
 撮 : 8月23日

          ミズオオバコの花
 小さな池に4輪咲いていました。水面下に咲いていればもっと良かったのに。
FC2B6374.jpg

FC2B6375.jpg

       花を食べる気なのかな
 花に寄りつく虫を狙っているのでしょうね。 
FC2B6378.jpg

          ミズトンボの開花
FC2B6379.jpg

FC2B6380.jpg

FC2B6382.jpg

          レンゲショウマ
FC2B6383.jpg

          キレンゲショウマ蕾の水玉
FC2B6385.jpg

       キレンゲショウマ
FC2B6384.jpg

          キツリフネソウ
FC2B6387.jpg

FC2B6386.jpg

          飛翔するルリモンハナバチ
 ハナバチの夏も終わりのようです。
FC2B6389.jpg