シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

ハッチョウトンボたち    6月27日

撮  6月25・27日
                     ハッチョウトンボの姿いろいろ
 近くのハッチョウトンボ生息地に出掛け色んな姿を撮っています。今年はまだ気温が低いのかまだ動きが鈍いようです。
そのためメスも草むらに隠れなかなか出てきません。温度が上がり太陽が出るのを待つしかありませんね。

         ハッチョウトンボ
 日本で一番小さなトンボで、オスが24mm位・メスが20mm位です。この小さなトンボの飛翔を撮る努力をしています。次回には撮ることが出来ると思っています。今回は失敗作を含めてアップします。

         オス2匹の飛翔
 バトル中の仲直りの飛翔か?
fc16201.jpg

         凛々しい姿でのオス
fc16169.jpg

         平素な姿でのメス
fc16208.jpg

         求愛行動の練習?         fc16181.jpg

fc16189.jpg

         飛翔するハッチョウトンボたち
fc16195.jpg

fc16196.jpg

fc16198.jpg

fc16199.jpg

         ニアミス?でとまるハッチョウトンボ
fc16205.jpg


fc16207.jpg

         バトル中の4匹
 8匹くらいでバトル中でしたがこれだけ撮るのがやっとでした。次回はもっと多くピントも会わせたいと思います。
fc16202.jpg
スポンサーサイト

ヤマアジサイ    6月21日

 撮  6月20日
 今日は弥高山公園に咲く「ヤマアジサイ」を撮りに出掛けました。ここは雲海を撮る山として1級のポイントですが今日は花撮りです。雲海撮りに行かなくなってから5~6年は過ぎたでしょうかね。
強調文 道中「タヌキ」に出会い写真も撮ることが出来ました。残念ながら「ヤマアジサイ」はピークを過ぎていたようでした。
今日も最後は「ウスイロヒョウモンモドキ」の保護地に寄り恋の写真も多く撮ってきました。

               弥高山のヤマアジサイ
         路端で会ったタヌキ
 近ずいても逃げる気配はありませんでした。
fc16124.jpg

fc16123.jpg

         子タヌキ
 前の写真のタヌキが排水溝に入ったので見に行ったら、子タヌキが落ち葉の中で気持ち良さそうに見えましたが、親が近くから離れなかったのでとケガでもしているのかと思われます。
fc16125.jpg

         弥高山
fc16131.jpg

         ヤマアジサイ
 以下7枚  名前はわかりません
fc16127.jpg

fc16130.jpg

fc16126.jpg

fc16128.jpg

fc16129.jpg

fc16132.jpg

fc16135.jpg

         西洋アジサイ         
 ここのアジサイはブルー系でした。
fc16136.jpg

fc16137.jpg

         ササユリ1輪
 山からの下り道の山の斜面に1輪咲いていました。
fc16139.jpg

fc16140.jpg

         ウスイロヒョウモンモドキ
 「ウスイロヒョウモンモドキ」は「全文表示」をクリックしてください。
fc16154.jpg

ウスイロヒョウモンモドキ   6月15日

 撮  6月14日
                   ウスイロヒョウモンモドキ
 ムヨウランを撮った帰り道「ウスイロヒョウモンモドキ」の様子伺いを兼ねて保護地の土橋地区に寄ってきました。期待せずに行ったのですがなんと20名近くが草むらの中で写真を撮っているではないか。この中には山野草仲間が3名が夢中になっていました。この後保護活動の倉敷芸術科学大の河辺先生や生徒さん達20数名や、地元保護活動の農家の人たちも加わり説明会が行われていました。
 今年はゲージ等の保護活動が実り数百匹が羽化したということでチョウを探し求めることはありませんでした。写真の撮り放題といったところでしょうか。チョウの数が多いので小さな草原のカノコソウやカヤ等の草を踏みつぶさないよう特に注意が必要でしょう。


         ウスイロヒョウモンモドキ
fc16110.jpg

fc16111.jpg

fc16109.jpg

fc16114.jpg

fc16113.jpg

fc16116.jpg

fc16119.jpg

ムヨウラン他    6月15日

 撮  6月14日
                   県北西部のキャンプ場付近にて
 ムヨウランの開花を撮りたくて早朝より出掛けました。それでも現地に着いたのは6時30分頃でした。すでに先客(山野草仲間でしたが)が1名ありでした。前回から目ぼしをつけていたのは花が終わったり、もう1本は2日続いた集中豪雨と風で折れた木の枝で無残にも折れ倒れていました。このため新たに探し求めて撮ることにになりました。

         開花したムヨウラン
 「ウスギムヨウラン」でしょうか。教えて下さい。
fc16093.jpg

fc16091.jpg

fc16089.jpg

         横からの姿
 開花始めか萎み始めか良く分かりません。
fc16096.jpg

         イチヤクソウ
 全体の開花状況は5割程度でしょうか。
fc16099.jpg

fc16098.jpg

fc16102.jpg

         ウメガサソウ
 花は終わりに近いようです。
fc16103.jpg

         マタタビの花
 帰り道の路肩で撮りました。
fc16105.jpg

 葉の一部はハンゲショウのように白くなっています
fc16107.jpg

山野草探索会    6月11日

                     山野草観察会
 倉敷にある薬草園主催の山野草を探し観察する会が新見市豊永地区で行われ参加してきました。
森の中や路傍には今まで見向きもしなかった小さな花たちにもそれぞれ立派な名前が付いていることを教えて貰いました。
 ベニヤマシャクヤクが今日のコースに入っているのを知らなかったので、2日前に撮ったものも一緒にアップします。


         フナバラソウ
 フナバラソウ : ガガイモ科
fc16005.jpg

         カラスビシャク
 カラスビシャク : サトイモ科
fc16006.jpg

         ユスラ(梅桃)の実
fc16009.jpg

         ナンテンハギ
 ナンテンハギ : マメ科
fc16010.jpg

         キジカクシ
 キジカクシ : ユリ科
fc16033.jpg

fc16034.jpg

         タバコの葉
 緑が最高に美しいときでした。
fc16022.jpg

         タバコの花
 初めて撮りました。
fc16023.jpg

         アザミとモンシロチョウ
fc16025.jpg


               ベニヤマシャクヤク
         原種の保護地
 この一角がベニヤマシャク原種の保護地です。ここの主人が柵で囲い大切に保護されています。
こことは別に観賞用は近くの畑に植えられています。

fc16012.jpg

fc16013.jpg

fc16031.jpg

         ベニヤマシャクヤクをゲット
fc16017.jpg

         ハチも来ました
fc16018.jpg

イチヤクソウなど    6月9日

:撮  6月7日・9日
 7日は梅雨の晴れ間に県北西部に咲く山野草を撮りに出掛けました。期待したイチヤクソウやウメガサソウは咲き始めで少し早かったようでした。
 9日は地元薬草園主催の山野草観察会に参加してきました。雨を覚悟しての参加でしたが天気は1日持ってくれました。
集合場所で観察第1弾はベニヤマシャクと云われ少しがっかりしましたが、午後からは道路端とか森の中に入り珍しい木々や草花の解説を聞きながら散策してきました。
 ベニヤマシャクヤクは後日別途アップしますので、今回は別の場所で撮った山野草たちをアップします。

                  県北西部に咲く6月の山野草

 森の中にひっそりと咲くウメガサソウやイチヤクソウが咲き始めていました。このほかに1両日中に開花するであろうと思われる「ムヨウラン」にも会うことが出来ました(間違いがなければ)。
         イチヤクソウ
fc15995.jpg

fc15996.jpg

fc15997.jpg

fc15998.jpg

         ウメガサソウ
fc16001.jpg

fc16000.jpg

         ムヨウラン 開花後?
fc16002.jpg

         開花前 ?
 fc16003.jpg

fc16004.jpg

         ツチグリ
fc15999.jpg

         ユスラの実
fc16009.jpg


雨に濡れる菖蒲    6月5日

  撮  6月5日
                       小さな菖蒲園

 旧清音村(現総社市清音)の集落に小さな菖蒲園があり、雨上がりで丁度良かろうと日課の山歩きの後にに寄ってみました。花は一部過ぎたのもありましたがまだ蕾が残っているのもあり見頃でした。雨に濡れて花を引き立てるのはこの菖蒲類やアジサイがその代表でしょうね。
 菖蒲の花名がわかりませんので写真だけのアップににします。


fc15871.jpg

fc15872.jpg

fc15873.jpg

fc15874.jpg

fc15876.jpg

fc15875.jpg

fc15885.jpg

fc15886.jpg

fc15878.jpg

fc15881.jpg

fc15879.jpg

fc15882.jpg

fc15883.jpg

fc15884.jpg