シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

セリバオオレン    2月20日

 通行止めのため行動範囲が狭められ山野草が思うように撮れません。特に今の山野草は日照が決めてなので特に難しくなります。今日はセリバオオレン、ユキワリイチゲと淡いピンクが咲くセツブンソウを撮ろうと動いてみました。
ユキワリイチゲは少し早いようでした。セリハオオレンと初めて訪問したセツブンソウは見頃でした。

          セリバオオレン
 陽あたりの悪い道路端の森の斜面も思った以上に咲いていました。次に沢を横切っての対岸はほぼ満開の状態で嬉しい限りでした。それにしてもセリバオオレンは背が低く撮るのに苦労する山野草ですね。

fc18395.jpg

fc18396.jpg

fc18397.jpg

fc18400.jpg

fc18401.jpg

fc18402.jpg

         ユキワリイチゲ
 1か所で数本開花が始まっていました。色んな場所の開花が待ちとおしいです。
fc18404.jpg

fc18405.jpg

         淡いピンクが混在するセツブンソウ
 ここを管理されている人がピンクは咲き始めは濃い色だが日が経つにつれ薄くなっていくと云われていました。色ものの山野草の多くはこんなものでしょう。
 ここのセツブンソウは花が大きいのが特徴のようです。


fc18406.jpg

fc18408.jpg

         八重のセツブンソウ
fc18409.jpg

         法面に咲くセツブンソウ
 ロケーションがすばらしいですね。
fc18410.jpg

fc18412.jpg

fc18413.jpg
スポンサーサイト

ユキワリイチゲが撮れました    2月15日

                   早春の山野草を求めて
 
 今日は天気が良いとのことで県北西部の山野草の地へ出掛けました。
セツブンソウの開花は早いようですが、他の山野草はまだ眠っているようです。実際は咲いているとこもあるののでしょうが、今日は幹線道路の山崩れがあり目的地への半分も行けませんでした。この様ななかでしたが今年の初物にも会えました。


         ブルー系のユキワリイチゲ
 撮 : 2月15日
 今年の初物がブルー系とはラッキーでした。ここには蕾がもう1本あったのみでしたが徹底的に盗掘にあったようです。
fc18384.jpg

fc18385.jpg

fc18386.jpg

         セツブンソウ(素心)
fc18387.jpg

fc18388.jpg

fc18389.jpg

         セツブンソウ
fc18390.jpg

fc18391.jpg

         県道を塞いだ山崩れ
 対岸の道路で撮りました。実は昔の細い道路があり通れるのかと思い行ったのですが駄目でした。近くには迂回路がありません
fc18393.jpg




雪の中のセツブンソウ    2月9日

               雪に凍えるセツブンソウ

 この冬一番の冷え込みの日(氷点下5度)に出掛けました。備中のセツブンソウの場所に着いてみるとセツブンソウはラッキーなことに雪に覆われていました。このような日でしたので道中滝の遠望やツララを撮ったりして行きました。おまけにダンプカーの横倒れで通行止めにあったりで予定はおおくるいの道中でした。

 撮 : 2月9日
         雪に埋もれるセツブンソウたち
fc18379.jpg

               fc18362.jpg

fc18368.jpg

fc18366.jpg

fc18369.jpg

fc18370.jpg

fc18372.jpg

         中野井伏川の三段滝
 小屋はどうやって作られたのだろうか。また、その使用目的は。
fc18373.jpg

fc18374.jpg

         小さなツララ
 手前の白いのは雪です。
fc18376.jpg

         小さな渓流とツララ
fc18377.jpg


               追加 差し込み
 撮 : 2月11日               
  ユキワリイチゲ等他の山野草の開花の様子見に宇甘方面に出掛けた時見つけた変わり種です

         八重のセツブンソウ
fc18381.jpg

         双子のセツブンソウ
fc18382.jpg

後楽園の芝やき    2月4日

                 岡山後楽園の芝やき 

後楽園では新緑をより美しく、そして越冬虫たちを退治する目的で芝やきが行われました。
芝はここ数日雨もなく乾燥していたようで良く燃え素晴らしい芝やきとなったようでした。
園内の観客は圧倒的に腕自慢のカメラマンたちで占拠されていました。私もその一人でしたが。


  撮 : 2月4日
         点火 炎が芝を走る
fc18302.jpg

         炎と灯篭
fc18295.jpg

         以下、炎に見入る観光客とカメラマンたち
fc18304.jpg

fc18301.jpg

fc18308.jpg

fc18309.jpg

fc18323.jpg

fc18318.jpg

fc18326.jpg

         一面真黒に
fc18310.jpg

         萱葺き屋根の葺き替工事中
 グリーンのネットが気になって上の写真ではカットして撮りましたが。この写真も記念としては価値があるのでは。
fc18313.jpg

         シルエット
 最後の芝やき区画でホッとする姿を見せる職員さん。本日はご苦労さんでした。
fc18328.jpg

セツブンソウ    2月3日

                   山野草の季節到来

 セツブンソウは不思議なくらい節分の日に前後して白い小さな可憐な花を咲かせます。故にセツブンソウの名前がついているのでしょう。
今回も様子見を兼ねて出掛けました。今年のセツブンソウは、昨年より開花が早いようですね。
この様子だと他の山野草も開花が早いのかも知れませんね。
 腹こしらえに草間のソバ屋に寄った時、裏斜面の山野草を見てきたのですがまだ雪が残っていましたが、福寿草のみが大きな花を咲かせていました。


         開花が始まったセツブンソウ
fc18194.jpg

fc18192.jpg

fc18195.jpg

fc18193.jpg

         フクジュソウ
 陽があたり大きく開いていました。店の人はまだだろうといっていたんですが。
fc18197.jpg

fc18198.jpg

         周りの雪で一寸いたずら
fc18199.jpg

         雪が残るソバ屋の裏斜面
fc18200.jpg

         隣りの家の福寿草
 開花までもう少しです。
fc18201.jpg

         アテツマンサク
fc18203.jpg

fc18204.jpg

fc18202.jpg