シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

ササユリ・オオヤマレンゲ    5月29日

                   ササユリとオオヤマレンゲ

 撮 : 以下全て5月29日
 ササユリやイチヤクソウなどを求めて県北西部に出掛けました。イチヤクソウはまだ早く蕾の状態でした。ササユリは本来の場所には数本あったのみで、他の場所を探したところササヤブの中に20本近く見つかりました。それもほとんどが昨日か今朝開花した初々しいものがほとんどでした。
 この場所を後にして玉泉寺への大移動です。玉泉寺の100本からあるオオヤマレンゲも咲き始めでしたが、白いレンゲは見事でした。


         ササユリ
 開花しているササユリは色も模様も違っていましたし、なににもまして咲き始めの新鮮さに会えてラッキーでした。
fc19243.jpg

fc19244.jpg

fc19245.jpg

fc19270.jpg

fc19269.jpg

         玉泉寺のレンゲ
 この寺には4種類のレンゲがありました。
     オオヤマレンゲ
fc19251.jpg

     深山レンゲ
fc19250.jpg

     美智子レンゲ
fc19259.jpg

     受咲きレンゲ
 上を向いて咲いています。
fc19257.jpg

         他の山野草
     イチヤクソウの蕾
 まだ開花まで時間が必要のようです。
fc19264.jpg

     ウサギゴケ
 コケの花です。大きなミミもありウサギの顔をしています。初めて目にかかりました。
fc19263.jpg


fc19266.jpg

     アツモリソウ
 中国産のアツモリソウといわれていました。鉢植えでした。
fc19265.jpg



スポンサーサイト

ヤンマ―とカワラヒワ    4月24日

                    ヤンマ―の飛翔と産卵
    オニヤンマ―と記していましたが違うのではないかと指摘をうけました のでヤンマーに修正します。正式な名前は調査中ですが確定できていません。

         ヤンマ―の飛翔
 撮 : 5月23日
 同じルートで警戒飛翔したりホバリングしたりで楽に写真を撮らせてくれました。
fc19223.jpg

fc19224.jpg

fc19225.jpg

fc19226.jpg

fc19227.jpg

         ヤンマ―の産卵
 撮 : 5月24日
fc19235.jpg

fc19233.jpg

fc19234.jpg

fc19236.jpg

fc19237.jpg

         目の前に現れた「カワラヒワ」
 撮 : 5月24日
    「シメ」と記していましたが、こちらも違うのではないかと指摘を受けまし   たので修正します。
 湿地でハッチョウトンボを撮っているとき隣りの湿地に水浴に来ました。
 ここの湿地は、昔小さな棚田であったのを山野草や水草が咲く湿地に改良されたもので5段あります。
fc19240.jpg

fc19242.jpg

fc19241.jpg

fc19239.jpg

ハッチョウトンボ赤    5月22日

                姿を見せたハッチョウトンボ

 今年は山野草のみでなくハッチョウトンボも19日(1週間は早いか?)に姿を見せてくれました。この日はトキソウを撮りに行った龍泉寺の湿地で4匹撮りました。20日には公にしていない場所へ様子を見に行ったところ2匹確認出来ました。
 22日には個人の山に作られた湿地に行きましたところ(こちらも非公開)、ここは昨年までとは違いオスの赤を2ケタ見ることが出来ました。もうドッキングも始まっていました。

 今後ハッチョウトンボのアップがふえると思います。

         22日に撮った「C場所」
 この日はメスが数匹でしたがオスは2ケタ確認できました。今年は異常誕生のようです。昨年湿地を補強したためでしょうか。
     ドッキングのハッチョウトンボ
fc19208.jpg

fc19209.jpg

     メス
fc19210.jpg

fc19211.jpg

     オス
fc19212.jpg

fc19213.jpg

         19日に撮ったハッチョウトンボ  (龍泉寺)
 4匹いましたが赤色はいませんでした。これから変色してくるのでしょう。
fc19214.jpg

fc19215.jpg

         20日に撮ったハッチョウトンボ  (B場所)
 こちらもまだ2匹でしたがメス色のみでした。
fc19217.jpg

fc19218.jpg

キンラン・ギンラン他    5月20日    

                     県北西部に咲く山野草

18日・21日に県北西部にキンランなどを撮りに出掛けました。キンランは3ケ所程で撮りましたが開花状況はまちまちでした。ギンランは1株あったのみでササバギンランは見あたりませんでした。珍しいのではコケイランが1株残っていました。

         キンラン
fc19188.jpg

fc19190.jpg

fc19189.jpg

fc19191.jpg

fc19193.jpg

fc19194.jpg

         ギンラン
fc19196.jpg

fc19198.jpg

         ギンリョウソウ
fc19200.jpg

fc19201.jpg

         サイハイランの花
fc19203.jpg

         コケイラン
fc19204.jpg

     花のアップ
fc19205.jpg

         シライトソウ
fc19207.jpg

トキソウ    5月19日

 ヒィーゴ池湿地より例年早く咲く龍泉寺湿地のトキソウを開花の観測を兼ね撮りに行ってきました。花はまずまずの開花状態でした。

                     龍泉寺のトキソウ

         湿地に咲き広がるトキソウ
 撮 : 5月16日
fc19176.jpg

 撮 : 5月19日
fc19183.jpg

         以下、花の羅列です
fc19178.jpg

fc19177.jpg

     花弁の中に虫が
fc19179.jpg

fc19180.jpg

         以下、I さんからの借り物です
fc19184.jpg

fc19185.jpg

fc19187.jpg

成長するヒナたち    5月15日

  フクロウのヒナが総社市の民家のムクの木で3羽育っているとの新聞情報とトリたちの情報通に場所を教えて貰い行ってきました。また、井原市でもフクロウの写真が撮れると教えて貰いこちらにも出掛けました。
 一方総社市のツルの里ではタンチョウツルのヒナが羽化(孵化)し連日撮らせてもらいました。また、キジも国分寺近くで偶然撮っていたので今日のブログはトリシリーズです。


                       成長するヒナたち

         フクロウのひなたち
 総社のヒナは民家の庭の木のため住人の方の案内で撮らせてもらいました。お礼申しあげます。新聞に出るまでは道路端の木だったので道路から撮れていたようですが、ヒナが成長したのか人が多く訪れたので巣穴から出たようです。

     庭のカイヅカの木枝にとまる1羽
 撮 : 5月14日
 残りの2羽は見当たりません。
fc19166.jpg

fc19167.jpg

     隣地の柿の木に移動
 撮 : 5月15日
 住人の方に隣りに移動したようですと教えて貰いました。
fc19169.jpg

     残りの2羽を発見
 撮 : 5月15日
 小枝に隠れて2羽仲良く一緒にいました。
fc19170.jpg

     看視する親トリ
 撮 : 5月13日
 100メートル位離れた地上約10メートルの高さの木の上で人間とカラスを看視しているようでした。
 fc19161.jpg

     井原市で撮ったフクロウのヒナ
 撮 : 5月16日
 ここで誕生したヒナは1羽とのことです。
fc19174.jpg

fc19175.jpg
 * 追記  19日に聞いた情報によると所在不明とのことです。


         タンチョウツルの誕生

     ツルの卵
 撮 : 4月27日
fc19139.jpg

     タマゴを抱き温める親トリ
 撮 : 4月27日
fc19140.jpg

     誕生したヒナ
 撮 : 4月29日     誕生2時間45分後の撮影
fc19141.jpg

     両親に見守られて
 撮 : 4月29日
 手前の白いのはタマゴの殻です。
fc19173.jpg

     大きくなったでしょう
 撮 : 5月1日
 脚もしっかりしています。エサの虫も食べます。

fc19150.jpg


         キジ
 撮 : 4月29日
  レンゲ祭りの日にツルの里からレンゲ祭りの会場へ歩いて移動しているとき、キジのなき声が聞こえたのでその方向を見るとレンゲ畑の中に姿を見ることが出来ました。キジもレンゲ祭りに参加したかったのでしょうか。
fc19171.jpg

fc19172.jpg

棚田の田植え    5月10日

 山間の山地を切り開き石を積みあげて作られた棚田で、田はカーブしており石積みも美しい。いま流行り〇〇・・遺産のように耕作地遺産として残したい棚田ロケーションです。
 今日は数軒での共同作業での田植えとのことでした。


                曲線が美しい棚田と田植え風景

 撮 : 5月10日  撮影場所は高梁市松山
         作業前の棚田
fc19058.jpg

         整然と並ぶ石積み
fc19069.jpg

         田植えの始まり
 田植機が動きだしました。共同作業の3人がそれぞれの持ち場に。
fc19061.jpg

         一段上の田に
fc19064.jpg

         カーブして植えられる稲と石積み
fc19066.jpg

         美しい孤を描いて
fc19076.jpg

         整然と植えられていく苗稲
fc19071.jpg
 
         最初の田もご覧の通り  
 全体の半分位の田植えが終わっています。       
fc19073.jpg

大山麓の山野草    5月6日

  大山・蒜山に咲き始めた山野草を求めて再度挑戦してきました。どうしても撮りたかったイワカガミは咲き始めていました。
今回は撮りたかった花の開花は確認できました。帰路は蒜山により自生の日本サクラソウの群生や放牧されたジャージ牛にも会い撮ることが出来ました。今回残念だったのは逆さ大山と田植え風景を撮る目的でしたが、池の波と田植えが遅れているため出来ませんでした。


               大山・蒜山に咲いている山野草

         大山麓の山野草

     お花畑と大山南壁
 初めての撮影場所で一面の菜の花が目を引き車を停めました。場所はブルーベリー畑の近くです。
大山南壁の手前の山は城山です。

fc18991.jpg

     今朝の大山北壁
 豪円山ノロシ台より
fc18993.jpg

     イワカガミ 白系
fc18996.jpg

     イワカガミ ピンク系
fc18995.jpg

     木の根っこに咲くイワカガミ
 例年一番早く咲く場所です。場所は大山二合目です。
fc19012.jpg

     ダイセンキスミレ
 大山寺境内で撮りましたがほぼ終わりかけでした。
fc18997.jpg

     ダイセンツツジ
fc18999.jpg

     チゴユリ
fc19000.jpg

     ツクバネソウ
 初めて見つけた場所でしたが10株以上ありました。
fc19001.jpg

     サンカヨウ
 散り始めた花弁もありましたが満開状態でした。ぎりぎりのタイミングでした。
fc19005.jpg

     密集して咲くサンカヨウ
fc19006.jpg

     ブルーベリーの花
fc19007.jpg

                   蒜山の山野草

     日本サクラソウ
 自生のサクラソウです。地元の人の保護活動で守られています。感謝します。
fc19008.jpg

     群生のサクラソウ
fc19009.jpg

     新緑ブナのトンネル
fc19011.jpg

     放牧のジャージ牛
fc19013.jpg

変わった樹木の花    5月5日

                      木に咲く変わった花
 近くで変わった樹木の花を撮りました。
 ハンカチの木は総社の個人の山に咲いていました。この木は苗木から育てられ10年は経ったようです。
 ナンジャモンジャは倉敷安養寺に毎年咲いてくれますし今が見頃です。


         ハンカチの木と花

 撮 : 5月2日
 ミズキ科の落葉高木です。花を包む苞は長さ7~20センチになるとか。ハンカチのように見える苞葉は2枚。その下側に花序があります。

     ハンカチの花
fc18974.jpg

     花と苞アップ
fc18977.jpg

     整然と咲く花
fc18975.jpg

     咲き揃ったハンカチ
 全部で70枚位はあります。これだけ咲いたのは今年が初めてのようです。
fc18976.jpg

     名板
 開花日はカタログの一般的表示です。今年は4月30日に咲いたようです。 
fc18979.jpg


         ナンジャモンジャ (ヒトツバタコ)
 撮 : 5月5日
 モクセイ科 ヒトツバタゴ属  落葉高木
 「一つ葉のトリネコ」という意味があるとのこと。木に咲く花は、白い雪に覆われたような美しい姿を見せます。
fc18987.jpg

fc18990.jpg

fc18985.jpg

fc18988.jpg

fc18989.jpg