シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

カタクリ三昧    3月31日

                 ピークを迎えたカタクリ

 今日は3ケ所でカメラを向けました。気温が高かったこともありどの場所のカタクリもイナバウアー状態で、移動の道中で見たカタクリも同じ状況でした。
 撮 : 3月31日

            豊永地区でのカタクリ
         白系に近いカタクリ
FC2B2326.jpg

         新たに整備された場所
 木を伐採し日当たりを良くした開かれた場所に咲いていました。今年のカタクリウォークのコースの1つだろうと思います。
FC2B2327.jpg

FC2B2329.jpg

FC2B2332.jpg

FC2B2330.jpg

FC2B2331.jpg

            エム谷にて
         二輪草
 良く見ると三輪草のようです。蕾がもう1つ付いていますね。気分転換に差し込みました。
FC2B2333.jpg

         エム谷のカタクリ
 山の斜面に咲き誇っています。
FC2B2334.jpg

FC2B2335.jpg

FC2B2337.jpg

            平松カタクリ園にて
 「備中カタクリの里」のノボリが新調されました。
FC2B2338.jpg

FC2B2339.jpg

FC2B2343.jpg

FC2B2340.jpg

FC2B2341.jpg
スポンサーサイト

県北の山野草たち    3月30日

               森林公園付近で撮った山野草

 撮 : 3月29日
 森林公園やその付近の山・沢の山野草の様子見に出かけました。今年は積雪が少ないので山野草は早いのかと思っていましたが、山野草にとっては雪の掛け布団がなかった分寒さを直に体感したようです。
今日の目的はイワウチワの様子見もあったのですが、5山ほど見ましたが蕾のふくらみはごく一部で開花は一輪もありませんでした。サンインシロガネソウは葉も見当たりませんでした。
 森林公園園内の雪はごく一部ですが今は休園中です。


         キクザキイチゲ
 ブルーのイチゲは素晴らしい。この3株のみで他は見当たりませんでした。
FC2B2303.jpg

FC2B2305.jpg

         コチャルメラソウ
 まだ満開とはいかないようです。
FC2B2306.jpg

         ザゼンソウ
 開花して日がたっていないのでしょう。外も内も傷もなく美しいですね。
FC2B2307.jpg

FC2B2308.jpg

         バイカオウレン
 開花はこれからのようでしたが花芽は例年よりは少ないようです。
FC2B2309.jpg

         ミズバショウ
 すべてがこのような状況でした。
FC2B2310.jpg

         イワナシ
 まだ全てが蕾です。これは成長しているほうです。
FC2B2312.jpg

FC2B2314.jpg

                   岩井滝
 雪溶け水の「裏見の滝しだれ」を見に足を延ばしてきました。今は水量が多いのでより素晴らしい。夏も「玉すだれ」として風情がありますが。
FC2B2317.jpg

FC2B2318.jpg

FC2B2319.jpg

FC2B2320.jpg

FC2B2321.jpg

FC2B2322.jpg

         滝の水源
 板状となった岩盤が水路のようです。ここを取り囲むように周りは岩山が聳えています。
FC2B2324.jpg

         名水100選
 まろやかでおいしい水でした。
FC2B2325.jpg




近くで咲き始めた山野草    3月24日

                    個人の山の山野草
 近くでお世話になる個人の山の山野草が今年も咲き始めたとのことで早速お邪魔してきました。まだわずかな種類しか咲いていませんがこれからを楽しみにしています。

         ミズバショウ
FC2B2293.jpg

FC2B2294.jpg

         バイモユリ
FC2B2295.jpg

         イワウチワ       
 1株のみ咲いていました。   
FC2B2297.jpg

FC2B2299.jpg

         シラネアオイの新芽
FC2B2300.jpg

         モクレン
FC2B2301.jpg

         トサミズキ
FC2B2302.jpg

カタクリの開花    3月23日

                 カタクリ・イチリンソウの初撮り
 久しぶりに山野草を撮りに出かけました。天気は晴れで申し分なかったのですが残念ながら風が強くて苦労しました。
 撮 : 3月22日

            カタクリ
 平松カタクリ園に行きましたが3日前に最初の1輪か開花したそうです。ラッキーなことに今日は20輪位は咲いていました。
FC2B2283.jpg

FC2B2279.jpg

FC2B2277.jpg

         家の庭の石積に咲く
 毎年咲いてくれる定番のカタクリです。
FC2B2280.jpg

FC2B2275.jpg

FC2B2276.jpg

         エンゴサク
FC2B2281.jpg

         立札
 非常識なお客さんがカタクリの中に入って写真を撮り、そのうえ中に入って何が悪いのかと逆に文句を言われたようなできごとがあったのでこの看板を作ったとのことでした。皆さん、他の場所の山野草を含め大切に守りましょう。
FC2B2282.jpg

            イチリンソウ
 天神狭のイチリンソウです。もう満開直前でした。
FC2B2284.jpg

         イチリンソウの集団
FC2B2285.jpg

         ウラベニのイチリンソウ
 この株のみで他は見当たりませんでした。
FC2B2286.jpg

         ヤマルリソウ
FC2B2287.jpg

            近くの山の桜
         ソメイヨシノの開花
FC2B2288.jpg

FC2B2289.jpg

         ヤマザクラ
FC2B2290.jpg

         ピンク系のヤマザクラ
FC2B2291.jpg

FC2B2292.jpg

セリバオウレン    3月15日

                大佐の「まんさく園」

 撮 : 3月15日
            セリバオウレン
 NHKの地方ニュースで杉林一面に咲くセリバオウレンが紹介されたので早速行ってきました。開花状態としては「種」を付けておりました。このオウレンの林を公開したのは5~6年前と説明されていました。それにしてもこれだけ一面に咲き誇り育つている所はないでしょう。これと似たような一面の花は四国で咲く「バイカオウレン」で見たことがありますが遜色ありません。

         一面に咲き誇るオウレン
FC2B2261.jpg

FC2B2263.jpg

         独りを楽しんで咲く
FC2B2268.jpg

FC2B2273.jpg

         陽を浴びて
FC2B2272.jpg

         ひしめきあって
FC2B2264.jpg

         結実しています
FC2B2267.jpg

         赤い実をつけて
 結実寸前なのか、それとも突然変異の新種か。テレビカメラのクルーが見つけて放送したとか。
FC2B2270.jpg

FC2B2271.jpg

ユキワリソウ    3月13日

               色とりどりのユキワリソウ

 数回訪問した場所ですが、開花はまだ全盛期にはなっていませんし大株の花の咲き具合が悪いようです。
今日は色ものを主体として単品の花を撮りました。アップしている花は色は同一であっても株は全て違います。
 また、ラッキーなことに車のところに戻るとき、軽トラで通った地元の人から家の山にも咲いているから見に来ないかと声をかけられお邪魔することになりました。

 撮 : 3月13日

            いつもの場所のユキワリソウ
FC2B2125.jpg

FC2B2126.jpg

FC2B2127.jpg

FC2B2130.jpg

FC2B2131.jpg

FC2B2137.jpg

FC2B2139.jpg

FC2B2145.jpg

FC2B2147.jpg


            案内してもらった山のユキワリソウ
 いつもの場所のユキワリソウと花柄・色もほとんど似かよっていました。
FC2B2148.jpg

FC2B2150.jpg

FC2B2154.jpg

FC2B2156.jpg

FC2B2161.jpg

FC2B2168.jpg

FC2B2173.jpg

FC2B2176.jpg

FC2B2178.jpg





咲き揃うアズマイチゲ    3月7日

                   咲き誇るアズマイチゲ
  明日からの天気が下り坂との予報となったので昼から急きょ出かけました。花は咲きはじめを予想していたのですが気温と青空の晴天でほぼ満開でした。

 撮 : 3月7日
            アズマイチゲ

         一部ウラベニのイチゲ
FC2B2048.jpg

FC2B2049.jpg

         青空とアズマイチゲ
 後ろにボケているのは柿の木です。
FC2B2050.jpg

FC2B2051.jpg

         梅の花とのコラボ
FC2B2056.jpg


FC2B2079.jpg

FC2B2057.jpg

FC2B2061.jpg

FC2B2054.jpg

         法面の上に咲くイチゲ
 青空とのロケーションが良いのを撮るのにはここを下から見上げて撮ります。
FC2B2055.jpg

         管理人さん
 畑の手入れのため出てこられていました。色々と説明もいただきました。ここでも盗掘があるとのことでした。
FC2B2058.jpg

         アズマイチゲとキバナノアマナ
FC2B2059.jpg

         キバナノアマナ
FC2B2064.jpg

FC2B2066.jpg

県中央に咲く山野草    3月6日

                   県中央部に咲く山野草

 撮 : 3月5日
 久々に県央の山野草の様子見に出かけました。結果はユキワリイチゲとセリバオウレンでした。

            ユキワリイチゲ

         沢筋に咲くイチゲ
 法面ぎりぎりに頑張っていましたが、大雨のたび法面が削られて流されそう。
FC2B2035.jpg

FC2B2036.jpg

         杉林の中に咲く
 2ケ所で撮っています。陽あたりが良いところはもう終わっていました。
FC2B2041.jpg

FC2B2043.jpg

FC2B2040.jpg

FC2B2042.jpg

         ここにもブルー系が
FC2B2038.jpg

FC2B2037.jpg

FC2B2039.jpg

         セリバオウレン
FC2B2044.jpg

FC2B2045.jpg

FC2B2046.jpg




元気に開花しました    3月3日

                    今日の山野草たち

 撮 : 3月3日    県北西部
 今日は1日快晴で気温も16度位まで上がり撮りに行った場所ではユキワリイチゲ・スハマソウ(ユキワリソウ)・セツブンソウ・ホソバナコバイモ・キバナノアマナなどが開花し元気な姿を見せてくれました。残念なことに山一面に咲く場所のユキワリソウのみが蕾が上がってきた状態でまだ数日はかかりそうでした。

            ユキワリイチゲ

         A地に咲くブルー系
FC2B2008.jpg

FC2B2010.jpg

FC2B2011.jpg

FC2B2012.jpg

         B地咲くブルー系
FC2B2013.jpg

         C地に咲く白系
FC2B2014.jpg

FC2B2015.jpg

FC2B2016.jpg

FC2B2017.jpg

            ユキワリソウ
 本命の山一面に咲く場所ですが、まだ1割もさいていませんでした。
FC2B2018.jpg

FC2B2019.jpg

            ホソバナコバイモ
 思った以上に咲いていました。保護のためロープが張られました(昨年からですが)。
FC2B2021.jpg

FC2B2022.jpg

            キバナのアマナ
FC2B2023.jpg

FC2B2024.jpg

小鳥たち    3月1日

                元気な姿を見せる小鳥たち

  ウグイスの鳴き声とともに春がやってきましたが、ウグイスはなかなか姿を見せません。
多くの小鳥たちが梅の花や木々に飛びかっています。


            ジョウビタキ
         登山道にて
FC2B1987.jpg

FC2B1988.jpg

         国分寺梅林にて
 花が咲く枝を飛び交っていました。
FC2B2005.jpg

FC2B2006.jpg

FC2B2007.jpg

FC2B1993.jpg

        ポールで一休み
 山野草を保護するロープ柵のポールです。
FC2B2004.jpg

         国分寺付近の田圃で
 鳥の名前調査中
FC2B1995.jpg

FC2B1996.jpg

            メジロ
         我家の庭で
FC2B1985.jpg

FC2B1986.jpg

         カワズサクラで遊ぶメジロ
 サクラは八分咲き位でしょうか
FC2B1997.jpg

FC2B1998.jpg

FC2B1999.jpg

FC2B2001.jpg

 人が近くを通ったので飛び立ちました。20匹弱はいたでしょうか。
FC2B2002.jpg

FC2B2003.jpg