シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

県北西部の山野草    5月27日

                 ベニヤマシャクヤク & ササユリ

 今年は初夏の山野草の開花も早かろうと自生のベニヤマシャクヤクの咲く農家にお邪魔してきました。ご主人も今年は早く咲き始めたとのことでした。この後はキャンプ場やササユリの自生地などを回ってきました。

 撮 : 5月27日

            ベニヤマシャクヤク
 今年は石灰岩の岩が残る自生地が先に開花しているようです。畑地の移植栽培されている方は少し遅れており開花も数本しかありませんでした。

         オナガアゲハ
 着いたらすぐに歓迎のためか目の前で吸蜜を始めました。
FC2B2782.jpg

         ベニヤマシャクヤク
 前夜までの雨粒がの残っており雰囲気がよろしいです。
FC2B2760.jpg

FC2B2761.jpg

FC2B2764.jpg

FC2B2765.jpg

         サイハイラン
FC2B2767.jpg

         ウメガサソウ
 開花が始まって間がないようで、まだ数株しか見当たりませんでした。この付近にあるイチヤクソウは固い蕾でした。
FC2B2770.jpg

FC2B2771.jpg

         ムラサキ
 1株だけになったようですが花は一杯つけていました。絶滅しないことを願うのみです。
FC2B2779.jpg

FC2B2781.jpg


         ササユリ
 道路傍の自生地ですが陽当たりの良い場所は終わっています。木の陰になるところの分がかろうじて姿を見せてくれました。
FC2B2772.jpg

FC2B2773.jpg

FC2B2778.jpg

FC2B2777.jpg

         吸蜜にきたイチモンジ
 花の奥まで入り寝転がってしまいました?。
FC2B2775.jpg

スポンサーサイト

ハッチョウトンボの羽化とバトル    5月24日

            ハッチョウトンボのバトルと羽化の姿
 縄張り争いをするハッチョウトンボを撮ろうと挑戦しました。2m以内の近接で撮影のためシャッタースピード1/1500/secでも上手く撮れていません。次回はもっと早くしてチャレンジしようと思っています。もう一つはファインダー内に収めるのも大変です。
 羽化の写真は、羽化の瞬間は撮れませんでしたが直後の羽根を乾かしているものとなりました。もう1時間程度早く到着すれば撮れると思います。ここ数日の天気を見て再度頑張ろうと思います。


 撮 : 5月21日・23日
            ドッキング中のハッチョウトンボ
 ドッキングに成功しても他の♂が追っかけて邪魔をするのでゆっくりは撮れません。上手く草むらに隠れていました。
FC2B2717.jpg

 ♂は飛び去り♀だけが残されました。
FC2B2719.jpg

            バトルに忙しいハッチョウトンボたち

         3匹でのバトルの始まり
FC2B2700.jpg

 以下3枚とも3匹でのバトルです。トンボを見つけて下さい。
FC2B2701.jpg

 正方形にトリミング。
FC2B2702.jpg

FC2B2703.jpg

         2匹でのバトルの始まり
FC2B2704.jpg

 飛ぶ方向を変えて
FC2B2705.jpg

 鉢合せ
FC2B2706.jpg

 1匹が急旋回で衝突回避か?。それとも追っかけで追放。
FC2B2709.jpg

 バトルは続きます。
FC2B2710.jpg

FC2B2711.jpg

FC2B2712.jpg

 再びにらみ合いに
FC2B2713.jpg

 ニアミス。それとも秘密の会話。
FC2B2715.jpg

          会話成立で飛び去って行くようです。
FC2B2716.jpg

            羽根を乾かすハッチョウトンボ
         羽化して間がないトンボ
 左の草にも脱皮の抜け殻が。
FC2B2721.jpg

 世話になった家(殻)の傍で。
FC2B2723.jpg

 世話になった殻に別れの頬づけ。
FC2B2724.jpg

 こちらも別れの頬づけ。
FC2B2725.jpg

 抜け殻を覗き込み何を思っているのだろうか。
FC2B2726.jpg

 羽根を乾かす。
FC2B2727.jpg


FC2B2728.jpg

FC2B2729.jpg

            トキソウにとまったハッチョウトンボ
FC2B2730.jpg



RSKバラ園    5月22日

                    久しぶりのバラ園
 RSKバラ園が早朝開園とのことで行ってきました。残念なことにバラは旬の時期を過ぎていたようです。それでも旬の一輪を探し求めて撮ってきました。

 撮 : 5月22日

            RSKバラ園
 バラ園は山陽放送ラジオの送信所敷地の有効利用策として管理されています。

         送信用アンテナ
FC2B2736.jpg

         バラ園の半景
 入場口階段より。
FC2B2737.jpg

         園内より
FC2B2738.jpg

         伊豆の踊子
         伊豆の踊子
FC2B2739.jpg

         ユーロピアーナ
FC2B2740.jpg

         ナエマ
FC2B2741.jpg

FC2B2742.jpg

FC2B2743.jpg

FC2B2744.jpg

FC2B2745.jpg


FC2B2746.jpg

FC2B2747.jpg

FC2B2748.jpg

FC2B2749.jpg

         アイスバーグ
FC2B2752.jpg

FC2B2753.jpg

FC2B2754.jpg

FC2B2750.jpg

         オリーブの花
FC2B2751.jpg

         イギリス庭園付近
FC2B2755.jpg

FC2B2756.jpg

ハッチョウトンボの季節到来    5月18日

                 ハッチョウトンボ飛び交う
 ヒイーゴ池湿地や龍泉寺でハッチョウトンボが可憐な姿を見せ始めたと新聞・テレビでの報道が始まりました。
このブログの写真は別の場所で撮ったものです。

 ハッチョウトンボが羽化し湿原の草にとまったり、湿原の上を飛び交いメスを巡ってのバトルを繰り広げています。
 撮 : 5月15日・5月18日

            色んな草で休息するハッチョウトンボ
 
         正面からのオス
FC2B2682.jpg

         正面からのメス
FC2B2683.jpg

         水面の草にとまる
FC2B2684.jpg

         反射光の水玉模様と一緒に
FC2B2685.jpg

         正面からのメス
FC2B2688.jpg

         ミツガシワの傍にとまる
 ミツガシワの葉には直接にはとまってくれません。
FC2B2689.jpg

            三角関係にもつれたハッチョウトンボ
         ドッキング前の当事者たち
FC2B2686.jpg

         3匹が絡むドッキング
 恥ずかしいとばかり上手く草に隠れました。
FC2B2687.jpg

         飛び去る1匹
 恋に破れた1匹が飛び去ります。
FC2B2692.jpg

            ヒツジグサ
FC2B2690.jpg

            クサタチバナ
FC2B2693.jpg

            黒をバックに
FC2B2698.jpg


大山・蒜山帰りに撮った山野草    5月13日

                 帰り道の山野草

 風が出て水田に映る逆さの山が撮れなくなったので、カメラの向け先を山野草へと変更し帰路で撮ることにしました。
 撮 : 5月13日

            日本サクラソウ
  前回訪問してから2週間ほど経っていましたが株も花も立派に咲き誇っていました。

         一株のサクラソウ
 湧き出る水に陽が反射して。
FC2B2661.jpg

         誇らしげな花
FC2B2662.jpg

         群生場所の1ケ所
FC2B2663.jpg


            キンラン
         桝水高原近くの道路脇に咲く
FC2B2665.jpg

         岡山県北西部のキンラン
 数の確認は出来ましたが開花には数日早かったようです。
FC2B2667.jpg

FC2B2668.jpg

FC2B2669.jpg

         ギンラン
 こちらも開花前でした。
FC2B2671.jpg

         バックを黒に細工
FC2B2672.jpg

FC2B2673.jpg


            ギンリョウソウ
 今年はギンリョウソウが多く又集団も目につきます。
FC2B2677.jpg

FC2B2678.jpg

FC2B2679.jpg

            ササユリの蕾
 まだ開花には時間がかかりそうです。
FC2B2675.jpg

水田の蒜山・大山    5月13日

                 逆さ蒜山三座と大山

 田植えの時期にしか見れない水田に映る蒜山三座と大山を撮ってきました。この写真を撮るには水張の田圃や田植え後の稲が小さい間の他に絶対的要件として風のない日というタイミングが必要です。今朝はかすかな風がありましたが、空は雲一つない絶好な日和でした。しかし昼前には風が出てしまいました。残念なことにポイントの御机や大山正面(溝口)の田圃にはまだ水が入っていませんでした。
 撮 : 5月13日

            逆さ蒜山三座
 蒜山の高さが出ないので、畦ギリギリのローアングルでもこれしか撮れません。
横長でのトリミング。


          東茅部の水田
 この場所付近は秋にはソバの花を撮りに行くところです。田植えは終わっています。
FC2B2649.jpg

FC2B2650.jpg

FC2B2648.jpg

         水張中の田圃
 くっきりと映り込んでいます。
FC2B2651.jpg

         畦を挟んで2枚の田圃に
 干し草ロールが保管されています。
FC2B2652.jpg

            逆さ大山
         御机「早春賦」近くの水田
FC2B2653.jpg

         ブルーベリー農園近くの水田
 バックの山は、左より大山・城山・烏ケ山。
FC2B2654.jpg

            木谷沢渓流
FC2B2656.jpg

            今日の大山
  鳥取県童謡唱歌百選「早春賦」石碑よりの大山南壁
FC2B2655.jpg

キンラン・ギンラン    5月7日

                 県北西部の山野草を訪ねて

 「キンラン・ギンラン」や「ササユリ」の開花を楽しみに出かけました。残念ながら若干早かったようでしたが、キンラン・ギンランの早い株は数日で開花すると思われます。ササユリはまだ蕾が硬い状況だったので「まんさく園」行きはあきらめました。収穫の少ない1日となりました。

 撮 : 5月7日

            キンラン 
  3株の蕾をつけたのがありましたが昨年まで多く咲いていた場所では見当たりませんでした。1ケ所は蕾の場所と100メートルも離れていないのにまだ姿を見せていませんでした。遠く離れた他の2ケ所も姿を見れませんでした。

FC2B2619.jpg

FC2B2620.jpg

FC2B2622.jpg

FC2B2623.jpg

FC2B2624.jpg



            ギンラン
 蕾は上がっているのが10株はありました。例年より多く見ることが出来ました。開花が楽しみです。

          ササバギンラン
 葉が花より長いのでササバギンランだと思っています。
FC2B2625.jpg

          ギンラン
 普通のギンランです。
FC2B2626.jpg

FC2B2628.jpg

FC2B2627.jpg

FC2B2629.jpg

FC2B2630.jpg

            ギンリョウソウ
FC2B2631.jpg

            一面のシダ
FC2B2632.jpg

総社の山の山野草    5月5日

                 個人が守り育てる山野草

 ハンカチの木の花が咲く頃ではないかと思い出かけてきました。花は咲いていましたが風が強く撮るのに苦労しました。
今日は「ギンリョウソウ」や多くの花に会うことが出来ました。

 撮 : 5月4日

            ハンカチの花
 ハンカチの木の花は昨年よりは少し少ない感じです。それでも20枚は咲いていました。
FC2B2590.jpg

FC2B2591.jpg

FC2B2592.jpg

            アメリカハッカクレン
 すこし遅かったようで花は開ききっていましたし、もう1個咲いていたのですが触ると花弁が落ちました。この場所には台湾・中国のハッカクレンもあり赤い蕾を付けています。
FC2B2599.jpg

FC2B2600.jpg

            ヒメナベワリ
FC2B2604.jpg

            スズラン    
FC2B2606.jpg

         一面に咲くスズラン
 5~6 ㎡ に広がって咲いているのが3ケ所ありました。
FC2B2605.jpg

            ツクバネソウ
FC2B2607.jpg

            クルマバツクバネソウ
 2株咲いていました。来年は株数がふえるのを期待しています。
FC2B2609.jpg

            コマクサ ピンク系
 花は傷んでいます。
FC2B2611.jpg

            コマクサ 白系
 屋敷の庭に咲いていました。花は痛みかけていました。
FC2B2610.jpg

            オグルマソウで吸蜜するチョウ(ベニシジミ?)
FC2B2613.jpg

            姿を見せたカワトンボ
FC2B2598.jpg


ナンジャモンジャ    5月4日

             ナンジャモンジャと鉢植の山野草
  倉敷安養寺のナンジャモンジャが咲きました。例年並みの咲き具合でしょうか。
先日蒜山へ行ったとき買ってきたヤマシャクヤクとクロユリが早々に咲いたのでブログへの仲間入りです。

 撮 : 5月4日

            ナンジャモンジャ
 樹高は10メートル位です。この近くでこの大きさの木は見当たらないので、多くの人が開花を待っていました。
FC2B2578.jpg

 茶褐色の葉は「けむりの木」です。大体同時期に咲くのですが今年はタイミングがズレたようです。
FC2B2579.jpg

 アップで撮ったものです。
FC2B2580.jpg

            ヤマシャクヤク
 1日に買ったのに3日には開花しました。蕾のふくらむ様子の観測が出来ませんでした。
FC2B2581.jpg

FC2B2582.jpg

 昨年買った鉢ものですが今年も蕾は付けませんでした。その代わり5株成長しています。
FC2B2594.jpg

            クロユリ
 強風で茎が折れましたがその2日後には咲きました。葉が元気で光合成が出来れば枯れない信じています。5年位前から育てているのは毎年咲いてくれていますので光合成を期待するのみです。
FC2B2596.jpg

            カザグルマ
FC2B2583.jpg

吉浜菅原神社    5月5日

                 カキツバタと眼鏡橋

 笠岡市にある吉浜菅原神社の眼鏡橋とカキツバタが見頃ということで行ってきました。花は開花は最高の時でしたが陽が強すぎたようです。

 撮 : 5月5日
            カキツバタ
 満開のカキツバタと眼鏡橋が似合います。眼鏡橋は神社への参道です。
FC2B2634.jpg

            亀の造園
 中央は亀に見立てて造られたものと思われます。亀の頭の部分に本物の亀が乗っかっています。
FC2B2636.jpg

            眼鏡の反対側から
FC2B2635.jpg

            カキツバタと亀
FC2B2633.jpg

            神社の鬼瓦
FC2B2638.jpg

                 箱田山神社 
           エヒメアヤメ
 帰り道の近くだったので寄ってきました。花の時期は2~3週間前だったようです。かろうじて写真になるものが数枚撮れました。
FC2B2640.jpg

FC2B2641.jpg