シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

アマサギ    6月28日

                    アマサギの集団

 高松城址へ宗治蓮の開花の様子見に出かけたら「アマサギ」の集団に出会いました。最初は「シラサギ」だろうと思いハスを撮っていました。「シラサギ」にしても50羽以上が横一列に並んでいるのは珍しいし、それよりも一斉に飛び上がるのを撮ろうと待ち構えていましたが、飛び上がる気配もないのでロケーションの良い方向へと北から南へ移動し、やっと「シラサギ」とは違うと気ずくも写真は遠景が主となりました。
 撮 : 6月28日

            畦に集合
 シラサギも含め50数羽集まりました。
FC2B2975.jpg

            畦で団欒中?         
FC2B2976.jpg

            最上稲荷の大鳥居の近くの田に
FC2B2978.jpg

            トラクターの傍に
 トラクターが動くと餌の小動物がいないかとついて動きます。
FC2B2980.jpg

            飛び立ちます
FC2B2981.jpg

            田3枚ほど横に移動
FC2B2985.jpg

            大鳥居の傍に移動
FC2B2986.jpg

            全羽移動完了
FC2B2988.jpg

            説教中  指導は厳しい
FC2B2989.jpg

            はい。わかりました
FC2B2991.jpg

            吉備線のジーゼルも仲間に
FC2B2977.jpg
スポンサーサイト

近くの山の山野草    6月26日

                 個人の山に咲く山野草

 総社の山奥に一人で山野草を中心に管理されている山があります。管理人は80歳を超える元気な老人です。私も週1回はお邪魔しています。
 今日のアップは「キレンゲショウマ」や「フシグロセンノウ」等々です。

 撮 : 6月26日

            キレンゲショウマ
 1輪のみやっと咲きました。昨年より遅いようです。全部で100株以上ありますから咲き始めたら1ケ月は見られるでしょう。
FC2B2950.jpg

FC2B2951.jpg

            オカトラノオ
FC2B2953.jpg

FC2B2952.jpg

            ニガナ
FC2B2954.jpg

            ツユクサ
FC2B2955.jpg

            ヤブレガサと蕾
 開花すれば初めて見ることになります。開花まじかですが雨が多く山に入りにくいのでヤキモキしています。
FC2B2957.jpg

            ミクリ
FC2B2958.jpg

            フシグロセンノオ
 やっと1輪咲きました。昨年より遅いようです。
FC2B2959.jpg

                   山入口付近の景色
 ここから山野草の山までは2kmほどあります。ここには茶室もあり、雨上がりには渓流も見ることが出来ます。

            徽軫灯篭では
 兼六園の灯篭写真を見て生コンで作ったとのこと。この写真には写っていませんがスイレンの池には虹橋もかかっています。
アジサイの後ろには人工の滝が作られています。布滝の写真を見て造りたくなったとか。

FC2B2966.jpg

            池に咲くスイレン
FC2B2967.jpg

            夏椿 (沙羅の花)
FC2B2970.jpg

            池通路のアジサイ
FC2B2968.jpg

            アジサイと布滝を落ちる水
FC2B2969.jpg

            沢も渓流に変化
 段差を整備されたようです。水量があるので立派な渓流です。
FC2B2971.jpg


国分寺周りの稲作    6月24日

                 備中国分寺を囲む田圃の稲作
 今年も6月上旬より田植えが始まり20日には古代米(赤米)が植えられこの地区の田植えが終わりました。田圃に映る逆さ五重の塔のアート作品としての稲田つくりも完了しました。これからは秋の収穫に向け何事もなく成長するのを期待するのみです。

            田植えを待つばかりの水田
 撮 : 6月6日
FC2B2934.jpg

            一斉に田植え
 撮 : 6月6日
 田植え機が3台出ています。

FC2B2935.jpg

            朝焼けを水田に写し
 撮 : 6月11日
 朝焼けには程遠い感じです。それでも水田全体を染めています。北房ホタルの朝帰りで撮りました。

この田圃は昨日の田植えです。今朝は水張の状態と思って寄ったのですが。
FC2B2937.jpg

            古代米の田植え
 撮 : 6月20日
 秋には赤米の赤い穂と五重塔のコラボポイントの1つとなります。
FC2B2938.jpg

            逆さ五重塔のアート作品
 撮 : 6月23日
 横から見ると逆さ五重塔をイメージしたアート作品とが良くわかるのですが。

FC2B2940.jpg

            五重塔が一直線に
 撮 : 6月23日 
水田への映り込みも撮れました。昨夜の雨でたの水量が多いです。昼頃には水が減り土が見えるようになります。

FC2B2941.jpg

  撮 : 6月23日
FC2B2943.jpg

            青空をも映す水田
 撮 : 6月23日
 この日は久しぶりの澄みきった青空でした。

FC2B2945.jpg

            夕焼けに囲まれる五重塔と田圃
 撮 : 6月23日
FC2B2948.jpg

大賀ハス    6月22日

                  開花した大賀ハス

 庭瀬駅近くの「庭瀬城跡」と「高松城城址」それぞれの蓮池に「大賀ハス」が開花し可憐な姿を見せています。
 撮 : 6月22日

            庭瀬城跡の大賀ハス
       大賀ハスの解説板
FC2B2928.jpg

       城跡石碑
FC2B2931.jpg

       堀池の囲い樽に咲くハス
 噴水の雨もハスの花に似合います。
FC2B2927.jpg

       囲い樽に咲くハス
FC2B2926.jpg

            高松城址の大賀ハス
 このハス池には有名な宗治連が咲きますが、今回は大賀ハスの開花のみでした。
FC2B2920.jpg

FC2B2921.jpg

       明日の開花を待つ蕾
FC2B2922.jpg

FC2B2924.jpg

       ハスの白花
 最上稲荷大鳥居近くで咲いています。
FC2B2932.jpg

FC2B2933.jpg



近くの山野草    6月18日

                    近場で撮った山野草

 近くで撮った夏の山野草。カキランやハンカイソウそして日当たりのよい草地で目につくネジバナたちです。

            カキラン
 撮 : 6月18日
FC2B2899.jpg

FC2B2900.jpg

FC2B2901.jpg

         ハンカイソウ
 撮 : 6月18日
FC2B2902.jpg

FC2B2903.jpg

         蕾をつけたトンボソウ
 撮 : 6月18日
FC2B2904.jpg

         クサレダマ
 撮 : 6月18日
FC2B2916.jpg

         ネジバナ シロ
 撮 : 6月20日 
FC2B2907.jpg

         ネジバナ ピンク
FC2B2906.jpg

FC2B2908.jpg

         ハチとネジバナ
FC2B2909.jpg

         クロをバックに
FC2B2910.jpg

         密集するネジバナ
FC2B2912.jpg

小昆虫のドッキング    6月17日

                 昆虫のドッキング

 ハッチョウトンボ・バッタ・ウスイロヒョウモンモドキなど3昆虫のドッキング中をお邪魔して撮ってきました。昆虫によって交尾のありかたもいろいろで感心したところです。

            ハッチョウトンボ
       ドッキングに成功
 ドッキング出来ても他のオスたちが恋路を邪魔しますので撮るのが大変です。
FC2B2913.jpg

       メスをめぐるバトル
 バトルはメスをめぐる縄張り争いです。バトルの下にメスがおり、バトル中の瞬時にメスに近づきカップルが出来ます。
FC2B2914.jpg

       四匹でのバトル
 やっと4匹収まったのにブレています。ss1/2500secでも遅すぎたようです。
FC2B2915.jpg

            バッタのドッキング
 物凄いアクロバットでの交尾のようです。ウスイロヒョウモンモドキの傍で負けじと頑張っていました。
FC2B2895.jpg


            ウスイロヒョウモンモドキのドッキング
       ヒメジオンにメスが
 メスが1頭とまりました。
FC2B2884.jpg

       オスもヒメジオンに
 雰囲気が良いようでカップルの誕生のようです。
FC2B2885.jpg

 身体を反転しドッキング体制になりました。
FC2B2886.jpg

       ドッキングしカヤに移動
 羽根の動きに注目してください。
FC2B2888.jpg

 立派な協同作業です。
FC2B2889.jpg

       ヒメジオンで一休み?
FC2B2890.jpg

       上下対象の芸術作品
 立派な写真に撮ってくれと2頭でポーズ
FC2B2896.jpg

       手の平に動かしてもはなれず
FC2B2891.jpg

 1時間ても2時間でも離れないようです。
FC2B2918.jpg

       採集禁止のポスター
 7~8年前に作られたポスターです。
FC2B2897.jpg




北房ホタル公園    6月10日

                    乱舞するホタル
 草間地区の「ウスイロヒョウモンモドキ」よりの帰りに寄った北房ホタル公園。ホタルの数では岡山県で1番でしょうね。前回と比較にならない程の数の乱舞に堪能してきました。
 「ウスイロヒョウモンモドキ」は前ページのブログです。


            ホタル公園の周囲
         公園入口の甲板
FC2B2866.jpg

         公園の東屋
FC2B2867.jpg

         水車小屋
FC2B2868.jpg

         道案内の灯篭
 灯篭にはホタル茶屋や商店名が入っていました。ホタルの光を邪魔しないようにほのかな明りがともされます。
FC2B2870.jpg

         ホタルが乱舞する備中川
 この川の数キロに亘ってホタルの饗宴が見れるようです。
FC2B2871.jpg

         ホタルの乱舞 6枚
FC2B2878.jpg


FC2B2873.jpg

FC2B2880.jpg

FC2B2881.jpg

FC2B2874.jpg

FC2B2877.jpg


            国分寺田圃の朝焼け
 北房ホタルからの朝帰りに撮りました。薄雲が広がり、田圃の水は少なく映り込みは今ひとつでした。
FC2B2883.jpg

県北西部の山野草とチョウ    6月10日

                 県北西部の山野草とチョウなど

 今回はウスイロヒョウモンモドキを撮るため県北西部に出かけました。時間調整のためキャンプ場に寄り山野草の「ウメガサソウ」「イチヤクソウ」を撮りました。昼頃には「ウスイロヒョウモンモドキ」の保護地に移動し、夜は北房のホタル公園でホタルの出番を待つというハードな行動となりました。
 撮 : 6月10日

            キャンプ場の山野草
 「ウメガサソウ」と「イチヤクソウ」が咲いていました。
         ウメガサソウ
 大きい株は見当たりませんでした。もう終わったのかも。
FC2B2842.jpg

FC2B2844.jpg

FC2B2845.jpg

         イチヤクソウ
 山に入った斜面には蕾をつけた株が数多くありました。
FC2B2846.jpg

FC2B2847.jpg

FC2B2851.jpg

            ウスイロヒョウモンモドキ
  絶滅危惧種
 草間地区にある保護地で撮ったものです。12日には観察会が行われる予定なので早めに行ってきました。
やはり午前中でないとより多くのチョウとドッキングには遭遇出来ないようです。


         笹の葉で一休み
FC2B2861.jpg

         カノコソウで吸蜜中
FC2B2857.jpg

FC2B2860.jpg

         つぎどの花に飛んで行こうか思案中
FC2B2864.jpg

         2頭が仲良くヒメジオンで吸蜜中
FC2B2856.jpg

         緑が広がる保護地
FC2B2855.jpg

         採取禁止の立て甲板
FC2B2865.jpg

総社で撮った山野草    6月9日

                総社市の山で撮った山野草

 総社の山奥で育つ多くの山野草で、今回は「イチヤクソウ」を撮ってきました。一方山登りのトレーニングする山にも2株ほど花が咲きました。
 撮 : 6月9日

            山奥で咲くイチヤクソウ
  自宅の山で昨年 雑草に覆われた更に山深い畑地に自生しているのを発見し、山野草の育つ山へ100株近く移植されたのが見事に咲きました。

         1画に広がるイチヤクソウ
 このように移植され育っているのが6~7ケ所あるあるようです。
FC2B2835.jpg

         アップ
FC2B2836.jpg

FC2B2837.jpg

         バックを暗く
FC2B2840.jpg

            ヤブレガサの蕾
 開花すれば初めて見ることになります。
FC2B2841.jpg

            スズサイコ
 この枝の1輪のみかろうじて残っていました。         
FC2B2839.jpg

            イワタバコ
 園芸種とのことでしたが自生のものよりは1ケ月は早い開花のようです。自生のものと同居しているのですがね。
FC2B2838.jpg


            山登りコースの花たち
 この山の山野草は盗掘されわずかしか残っていません。山が好きならば自然を守るマナーは身につけてほしいですね。

         イチヤクソウ
FC2B2827.jpg

FC2B2828.jpg

         トンボソウ
 やっと蕾が上がってきたところのようです。
FC2B2829.jpg

         ザクロの花
FC2B2832.jpg

         チョウ又は蛾 ?
 ドッキング中ですが゛虫の名前がわかりません。
FC2B2833.jpg


大山三の沢    6月3日

               大山三の沢に咲く山野草を撮りに

  大山の山頂付近では「イワカガミ」や「ツガザクラ」が咲き競っている頃と思い、山頂までは無理なので望遠ででも眺められればとの気持ちで三の沢槍ルートでの大岩までの山行計画で出かけました。ルート中では「ダイセンクワガタ」が数多く咲いており、下山時には7年ぶりに「オキナグサ」を撮ることが出来ました。そして帰りには「北房のホタル」撮りに寄り道してきました
 撮 : 6月3日

            今朝の茅葺小屋と大山南壁
 逆さ大山も稲の成長が早く映り込みが今一つでした。
FC2B2786.jpg

            三の沢槍ケ峰ルート
  右のガレ場の草付きを登ります。その奥に槍ケ峰か見えます。今日の予定はセンター大岩の最初の所までです。
稜線は槍~剣ケ峰ルートです。基本的には通行禁止です。
FC2B2787.jpg

            大山南壁を背に咲くダイセンクワガタ
 ガレ場に力強く根付いています。
FC2B2788.jpg

            大株2枚
FC2B2792.jpg

FC2B2791.jpg

            イワカガミ
FC2B2793.jpg

            オキナグサ
         
 7年位前に初めて見たときは崩れ落ちる斜面の下側一面に咲き広がっていました。その翌年以降は見つけることが出来ませんでした。山の崩れで無くなったものと思っていました。今日も「アカモノ」を前に座り込み昼飯を食べていたら偶然眼に入り大感激でした。
FC2B2796.jpg

            オキナグサ
         オキナ
 綿毛も飛んでしまったようです。
FC2B2798.jpg

         崩落する山肌
 この場所からは100メートル以上の標高があると思います。
FC2B2799.jpg

         花 2株
FC2B2795.jpg

            アカモノ 3枚
 下山中の登山者に「アカモノ」がそこの先に有るよと教えてもらいました。
FC2B2800.jpg

FC2B2801.jpg

FC2B2802.jpg

            槍ケ峰拡大 1
 一面に広がるイワカガミ。ピンクに見えます。登山者が2人います。
FC2B2809.jpg

            槍ケ峰拡大 2
 槍の穂先は隠れています。登山者の後ろになると思います。イワカガミはいまが一番良い時のようですね。
FC2B2808.jpg

            岩肌に頑張るイワカガミ 4枚
 ピンクに見えるのがイワカガミです。
FC2B2805.jpg

FC2B2806.jpg

FC2B2804.jpg

FC2B2803.jpg


                  北房のホタル

 帰りに寄り道してとりました。初めて行きましたがすごい数のホタル乱舞でした。今年は3ケ所行ってみましたがホタルの数やロケーションが他とは比較になりません。欠点はLEDライトで川面やホタルを照らす人がいることでした。
            飛び交うホタルたち
FC2B2811.jpg

FC2B2812.jpg

FC2B2813.jpg

   次ページに「北房ホタルの里」をアップしています