シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

最近撮った草花    9月29日

            最近撮った草花

 9月下旬に撮った木・草・花たちです。

       公園広場で成長する木
 高梁川総社大橋下の「そうじゃ水辺の楽校広場」でどんどん成長しています。
FC2B3867.jpg

       青空に映えます
FC2B3868.jpg

       カヌー練習場中州に咲く彼岸花
FC2B3866.jpg

       イボクサ
FC2B3875.jpg

       草名(花)不明
FC2B3876.jpg

       大賀ハスの種
FC2B3869.jpg

       キキョウ
FC2B3871.jpg

       ツメレンゲ
 石灯篭の屋根部にびっしりと育っています。
FC2B3872.jpg

 10月中~下旬に花が咲くのが楽しみです。
FC2B3873.jpg

FC2B3874.jpg

       イヌゴマ
FC2B3880.jpg

       オミナエシ
FC2B3884.jpg

       コガマとサワギキョウ
FC2B3885.jpg

       オモダカ         
FC2B3886.jpg

       アケボノソウ
FC2B3890.jpg

       タコノアシ
FC2B3891.jpg

スポンサーサイト

ミズアオイ他    9月28日

            3箇所で撮ったミズアオイ
 絶滅危惧Ⅰ類(岡山県)のミズアオイが咲いているとのマスコミ情報を得て、近くで咲く3箇所に行ってきました。今年は天候不順で葉や花弁を食べる「オンブバッタ」が少なくどの場所もきれいに咲いていました。

         自生地のミズアオイ 
 撮 : 9月28日
 保護活動の中で自生地として残っている倉敷川(小瀬戸)のミズアオイは、ヌートリアン対策でブリキ板で囲まれた中で立派に花をつけていました。見れたのは何年ぶりでしょうか
      揃って咲きました
FC2B3863.jpg

      纏まって咲く一角
FC2B3862.jpg

         山の湿地に咲く
 撮 : 9月25・27日
 保護活動の方に頂いた苗を湿地に植えてもらい5年はすぎたでしょうか。
FC2B3852.jpg

FC2B3853.jpg

FC2B3854.jpg

         鬼の城の湿性地に咲く
 撮 : 9月28日
      群生の池
FC2B3856.jpg

      水路に沿って
FC2B3857.jpg

      美しき花たち
FC2B3858.jpg

FC2B3859.jpg

FC2B3860.jpg

      早く開花したいな
FC2B3861.jpg

神庭の滝    9月24日

               神庭の滝

 彼岸花(古見)からの帰りに回り道をして久しぶりに神庭の滝を撮りに行ってきました。雨が続いていたので滝の水量は多く迫力満点でした。

            滝の説明板
FC2B3832.jpg

            滝の全景
 西日本最大級の名瀑。日本の滝百選、日本百景に選ばれています。
FC2B3834.jpg

            鯉岩
 鯉が滝にへばりついて登る姿に見えるのでこの名前がついているようです。 
FC2B3836.jpg

 紅葉のはしりが見れます。中央左の木の葉が少し色ついているようです。
FC2B3838.jpg

            玉垂の滝
FC2B3839.jpg

           玉垂の橋と石碑
FC2B3840.jpg

           玉垂の様子
FC2B3841.jpg

FC2B3842.jpg

FC2B3845.jpg

FC2B3843.jpg

FC2B3844.jpg


            児島湾大橋
 締切堤防駐車場より
FC2B3846.jpg

            駐車場の一角
FC2B3847.jpg

            締切堤防の緑地と車道
FC2B3848.jpg

            河津桜の狂い咲き
FC2B3849.jpg

群生するヒガンバナ    9月24日

          彼岸花の群生地を訪ねて  
   ヒガンバナシリーズ最終回

 岡山県のヒガンバナの有名地を訪ねてきました。23日は真庭市古見川東公園へ。24日には今後期待が持てる児島湖花回廊ヒガンバナへ行ってきました。どちらも立派な群生を見せてくれました。

           古見の彼岸花
 撮 : 7月23日

        ヒガンバナの絨毯
FC2B3804.jpg

        
FC2B3805.jpg

        
FC2B3806.jpg

        川筋の土手に咲く
 川は吉井川。
FC2B3809.jpg

        土手の斜面に広がり咲く
FC2B3815.jpg

        カタツムリも花見かな
FC2B3811.jpg

 落ちそうになり必死に捉まっています。
FC2B3812.jpg

        アップに撮って
FC2B3813.jpg


           児島湖花回廊ヒガンバナ
 撮 : 9月24日 

        一面のレッドカーペット
 累計12万球が植えつけられているようです。今後も増えて行くとのことです。
     東側の一部
 カメラに収まるこのような群生地の大きさが10倍はあるでしょうか。
FC2B3820.jpg

     西側の一部
FC2B3821.jpg

FC2B3822.jpg

      青空に映える
FC2B3823.jpg

      花の中のかけっこ
FC2B3824.jpg

      陽を受けて
FC2B3825.jpg

      クロアゲハも遊びに
FC2B3826.jpg

      白花ヒガンバナ
 入口付近に10本ほど咲いていました。
FC2B3830.jpg

      紅白のコラボ
FC2B3831.jpg

            最終はホームグランドで
 撮 : 9月24日

        西側田圃の畦から
FC2B3827.jpg

        柿園西から
 農夫が草刈り中です。
FC2B3828.jpg

        一等地に咲く彼岸花
 咲き揃いやっと間に合いました。
FC2B3829.jpg

ヒガンバナ2    9月21日

            ヒガンバナ 続撮

 今日は足守方面のヒガンバナを撮りに行ってきました。やはり山あいの農地(田圃)に咲くヒガンバナは見栄えがいいですね。
 撮 : 9月21日

            五重塔と重なるヒガンバナ
 朝陽に照らされるのを前日より期待していたのですが残念ながら今朝も晴れませんでした。この場所にはヒガンバナがこれ以外にはありません。
FC2B3787.jpg

  以下、足守地区
          真上から
FC2B3788.jpg

          園池の睡蓮とヒガンバナ
 近水園の園池。睡蓮の花と映り込みのヒガンバナがコラボしています。
FC2B3789.jpg

          園池のヒガンバナ
FC2B3790.jpg

FC2B3791.jpg

          ヒガンバナが眺める吟風閣
FC2B3792.jpg

          足守川に咲く
FC2B3796.jpg

  栗井地内
          畦に咲く
 三段の段差がある畦に咲いていました。なかなか見つかりません。
FC2B3797.jpg

          水路を挟む畦に
FC2B3798.jpg

          雑草との共存
FC2B3799.jpg

          斜面への広がりを見せ
 更に奥から上へと咲いていました。残念ながら中に入れないので道路からの撮とチェックです。
FC2B3800.jpg

          民家傍の斜面に咲く
FC2B3801.jpg

 以下、近水園
          吸蜜中のクロアゲハ
FC2B3795.jpg

          キチョウとヒガンバナ
FC2B3793.jpg

          ヒガンバナから吸蜜?
FC2B3794.jpg

ヒガンバナ    9月19日

              ヒガンバナ

 彼岸の入りとなりヒガンバナを撮りに出かけました。花の状態は思った以上に開花が進んでおり白くなった場所も結構ありました。今日の撮影は矢掛町から美星町を走り抜け良いロケーション探しです。
 撮 : 9月19日

         色鮮やか
FC2B3742.jpg

         川面を背に
 前日までの大雨で川は濁り映り込みは無理でした。
FC2B3745.jpg

         川原に咲く
 咲き具合は最高でまだ蕾も残っています。
FC2B3744.jpg

         水車小屋近くに咲き広がる
FC2B3746.jpg

         対岸から撮る
FC2B3747.jpg

         マルバルコウ
FC2B3749.jpg

         ハダ干しとヒガンバナ
 棚田の法面に咲き見栄えがありました。
FC2B3753.jpg

         柿とヒガンバナのコラボ
FC2B3754.jpg

         朽ちた小屋
 山あいの小川の傍に朽ちた作業小屋があり彼岸花が賑やかに咲いていました。 
FC2B3755.jpg

         小川に渡された丸太橋
FC2B3756.jpg

         小さな小さな滝を背に
FC2B3757.jpg

         流されずに頑張る
 最近の雨は豪雨となり堆積土も流してしまうことが多いのに咲いているのが不思議です。
FC2B3758.jpg

              白糸の滝
 帰り道に寄ってきました。雨上がりで水量が多く滅多に見られない滝となっていました。
FC2B3762.jpg

FC2B3763.jpg

FC2B3764.jpg


             再びヒガンバナ
FC2B3751.jpg

FC2B3752.jpg

五重塔ライトアップ    9月17・18日

            備中国分寺赤米フェスタ

 五重塔と赤米の田圃をライトアップしての赤米フェスタが17・18日と行われたので赤米とライトアップを撮りました。
今回も天気はすっきりしませんでした。


          頭を垂れる赤米
FC2B3725.jpg

          点灯テスト
 16日(前日)に点灯テストで調整が行われました。このテスト状況を撮ろうと20名ほどのカメラマンが馳せ参じていました。
FC2B3726.jpg

          ライトに照らされる五重塔
 ライトアップは赤系(朱色)ですね。田園に浮かび出ました。
FC2B3727.jpg

          野焼きの煙が光の帯に
FC2B3728.jpg

          光のシルエット
 雨が降りシルエットがより鮮明に
FC2B3729.jpg

          赤米を背にシルエットが映える
FC2B3730.jpg

FC2B3731.jpg

          赤米に囲まれる国分寺
FC2B3733.jpg

          水面に浮かぶ逆さ五重塔 右
FC2B3735.jpg

          水面に浮かぶ逆さ五重塔 左
FC2B3736.jpg

          赤米の逆さ五重塔と五重塔
FC2B3737.jpg

          魚とりをする兄弟
 おばあさんと一緒でした。
FC2B3739.jpg

          捕れたー
 真剣な眼差しと慎重な手の動き。
FC2B3740.jpg

          バケツに捕れた小魚が
FC2B3741.jpg

ソバの花    9月10日

            ソバの花を求めて

 明日以降1週間は天気が悪いとの予報だったので急遽出かけました。早い時間に出発し日の出や雲海をも撮ろうとよくばったのですが期待通りには行きませんでした。
 撮 : 9月10日

         日の出の時間なのに
 日の出は湧き上がる雲に遮られ見ることはできませんでした。瞬間雲の隙間を抜けて朝焼けの一部を見せてくれたのがこの1枚でラッキーでした。
 次に期待して撮りたかったのが雲海でしたがこちらもダメでした。

FC2B3668.jpg

         撮影予定場所はガスの中
 道の駅付近は晴れているのにソバ畑の近くでは車のライトを点灯するほどの濃ゆいガスに包まれていました。いったん引き返し少し時間をおいてでなおしたのにまだ写真の状態でした。
FC2B3669.jpg

         ソバの花
 朝露に濡れ光っていました。
FC2B3671.jpg

         ソバと蒜山三座が青空とともに
FC2B3672.jpg

         ソバの花が一面に広がる
FC2B3673.jpg

         雲の広がりも素晴らしい
FC2B3674.jpg

         はだ干しと蒜山三座
 休耕田が増え「はだ干し」も少なくなり寂しいと農家の主婦の声。
FC2B3677.jpg

         はだ木の準備
FC2B3676.jpg

         御机付近の棚田の黄金の稲穂
FC2B3679.jpg

         藁葺小屋と農婦
 大山南壁にはガスがかかっています。
FC2B3682.jpg

         大山正面に広がる黄金の田圃
FC2B3681.jpg

         ソバの花と稲刈りのコンバイン
 ガスで大山南壁は輪郭のみでした。
FC2B3680.jpg

         木谷沢渓流の苔石 
 苔もここまで復活してきました。
FC2B3683.jpg

逆さ五重塔撮影会    9月7日

         高所より見る「逆さ五重塔」

 備中国分寺前の田圃に「逆さ五重塔」をイメージして植えられた古代米 (赤米) の稲穂がたわわに実ってきました。この稲穂の撮影は田圃と同レベルの高さでは逆さのイメージが撮れないため、吉備路商工会が高所作業車を用意されての撮影会でした。地上約15メートルからの眺めは普段とは異なり素晴らしいの一言です。私が乗ったときは雲が厚く陽が射さなかったのが残念でした。
 撮 : 9月7日

         今日の受付嬢
 小生はラッキーセブンでしたが。
FC2B3650.jpg

         ゴンドラに入って上昇
 ヘルメット、安全帯を締めて。積載重量200kgのマークも。天候不順で途中から2名乗車
FC2B3651.jpg

         上昇途中に動画撮影
 逆さ五重塔の輪郭が見えてきました。
FC2B3652.jpg

         逆さ五重塔と五重塔(3枚)
FC2B3653.jpg

FC2B3654.jpg

FC2B3656.jpg

         逆さ五重塔
FC2B3660.jpg

         国分寺への参道と赤米田の全容
FC2B3655.jpg

         地上で撮った田圃
 逆さ五重塔のイメージは出てきません。
FC2B3662.jpg

         高所よりの吉備路界隈
FC2B3658.jpg

         カメラマンの群れ
 約50名ほど馳せ参じられたのでは。県内コンテスト入賞の常連さんが多いです。
FC2B3659.jpg

         高所作業車のカメラマン
FC2B3657.jpg


           稗 (雑草のひえ) の抜き取り
 農業後継者17名によるボランティア作業です。
 撮 : 9月8日

         国分寺入口田圃に生い茂る稗
FC2B3664.jpg

         抜き取った稗を集める
FC2B3665.jpg

         稗がなくなった赤米の田圃
 美しい赤米と五重塔が撮れるようになりました。
FC2B3666.jpg

ミヤマウズラが満開    8月31日

            見ごろのミヤマウズラ

 久しぶりの雨が降ったので多くのミヤマウズラの花が色んな場所にあるにも関わらず一斉に咲き揃いました。
残念なことに8月に入ってこれまで雨が降らなかったため、成長した株は昨年の6割くらいしか見当たりませんでした。  
 撮 : 8月31日


         異なる株のミヤマウズラたち
     今日最初の1枚
FC2B3637.jpg

     今年見つけた株
FC2B3638.jpg

     背伸びして見つけた株
FC2B3639.jpg

     岩肌の苔に咲く
FC2B3640.jpg

     象徴のウズラ
 高さ1mの岩の上に咲いています。4~5年の付き合いでここの咲き具合を見て他の花の開花の目安としていました。ところが同じ岩の上にある2株が開花直前持ち去られました。岩の上で必死に生き延びていたのに心ない人がおりますね。
FC2B3641.jpg

     陽が差し込んで
FC2B3642.jpg

     陽が差し込んで
FC2B3643.jpg

     まとまって5株
 ここにはもう2株ありました。
FC2B3644.jpg

     大岩斜面の上方に咲く
FC2B3645.jpg

     同じ大岩の下方で
FC2B3646.jpg

     昨年は7株あったのだが
FC2B3647.jpg

     バックを黒くして
FC2B3648.jpg

FC2B3649.jpg