シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

この1年ありがとうございました    12月30日

この1年つたないブログにご訪問いただき有難うございました。
申歳も去るときとなり、皆様には新たな酉年が大きく羽ばたく歳となることを祈念しております。


         備中国分寺(五重塔)ライトアップ
 撮 : 12月30日

       正統派
FC2B4346.jpg

       正面より
FC2B4348.jpg

       池に映る五重塔
FC2B4349.jpg

       昔の組み合わせの様子       
FC2B4350.jpg
スポンサーサイト

スイセン他    12月14日

            スイセンと冬のヒマワリ
  登山道を歩いていたら咲き始めた1株のスイセンが目にとまり撮りました。冬のヒマワリは笠岡湾干拓地で咲き始めていました。

         スイセン
 撮 : 12月14日
 まだ十分に咲ききっていませんし、咲いているのもこの1株のみでした。

      咲き始めのスイセン
FC2B4341.jpg

      紅葉とのコラボ
 遠くに残っていた紅葉とコラボしてみました。
FC2B4342.jpg

         畑の法面に咲くキク
      懸崖キク ?
FC2B4343.jpg

FC2B4344.jpg


            冬に咲いたヒマワリ
 笠岡湾干拓地の一角に季節外れのヒマワリが咲いていました。市の職員の話によると夏のヒマワリの種が根付いたのではないかと ?。

 撮 : 12月12日
      冬の青空下の一輪
FC2B4337.jpg

      朝露を残すヒマワリ
 二輪が一緒になっています。
FC2B4338.jpg

      一面に咲く
FC2B4339.jpg

      青空に向かって
FC2B4340.jpg

下津井の干しタコ    12月6日

            下津井港の風物詩 干しタコ

 下津井名物の干しタコ作りが例年より約1週間遅れて11月末より始まったとの情報で早速行ってきました。例年よりタコが小ぶりで収穫も少ないとのことでした。原因としては海水温が高くなっているのが影響しているのではと言われていました。
 撮 : 12月2日

         瀬戸の潮風と陽を浴びる干しタコ
FC2B4327.jpg

FC2B4328.jpg

         大物干しタコ
 このタコは2.5~3 kgはある大物です。
FC2B4329.jpg

FC2B4330.jpg

         瀬戸大橋を目前に干されるタコ
FC2B4331.jpg

         漁船から荷揚げされたタコ
 左側が漁船。漁船のイケスでは1匹ずつ網に入れられています。ここで計量され取引されます。
FC2B4332.jpg

         市場建屋に移動し水槽に確保
 タコは生きた状態で出荷されます。
FC2B4333.jpg

         大きな鯛
 タコ漁とは別の船から荷揚げされたものです。大物の大漁だったようです。
FC2B4334.jpg

         瀬戸大橋が見える下津井漁港
FC2B4335.jpg

         下津井漁港
 上の写真の正面から撮ったものです。民謡下津井節の「下津井みなとは・・・」の港です。
FC2B4336.jpg