FC2ブログ

シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

去りゆく2017年    12月30日

             下津井瀬戸大橋に沈むゆく夕日

  この1年つたないブログに訪問いただきありがとうございました。
はばたく「酉歳」から親しみ深い「戌歳」へと変わっていきます。戌は勤勉で努力家との伝えもありあやかりたいものです。戌歳生まれの守り本尊は「阿弥陀如来」です。
2017年去りゆく記録として瀬戸大橋に沈み行く夕陽を選びました。新年は瀬戸大橋開通30周年の節目になります。平成の生まれと同じとは今まで気が付きませんでした。

 撮 : 12月30日
          沈みゆく夕陽と下津井瀬戸大橋
FC2B7090.jpg

FC2B7091.jpg

          陽が沈み染まる空
FC2B7092.jpg

          ライトアップされた瀬戸大橋
 奥(四国側)から南・北備讃瀬戸大橋、斜張橋の岩黒橋・櫃石橋です。
FC2B7093.jpg

          ライトアップされた下津井瀬戸大橋
FC2B7094.jpg

     皆さん良い年をお迎えください。
スポンサーサイト



瀬戸大橋の日の出    12月20日

             瀬戸大橋の日の出

 来年は瀬戸大橋開通30周年を迎えイベントの年となります。
年末年始を挟んだ瀬戸大橋にかかる日の出や夕陽を撮ろうと場所の下見を行っていますが、橋と日の出のコラボポイントはあまりありません。本島とかその周辺の島に渡船渡ればベストポジションで撮れる場所は多くあるのですが。20年位前までは毎週のように磯釣りで島に渡っていたのですが今はそこまでの元気はありません。
    

          下津井瀬戸大橋
 撮 : 12月20日

       日の出前
FC2B7057.jpg

       陽が姿を見せました
FC2B7058.jpg

       タイミングよく電車とのコラボ
FC2B7059.jpg

       トリミングして少しアップ
FC2B7067.jpg


       島と鉄道橋との隙間に
FC2B7060.jpg

       両橋脚を含む全景
FC2B7062.jpg

       少しいたずらして
FC2B7061.jpg

       太陽を咥える鉄道橋
FC2B7063.jpg

       朝陽に照らされる下津井瀬戸大橋
FC2B7064.jpg

       斜張橋と備讃瀬戸大橋
FC2B7065.jpg

       斜張橋 (櫃石島橋・岩黒島橋)
FC2B7066.jpg
 
       瀬戸大橋全景
 撮 : 12月17日
 ここが良いだろうと日の出を待ちましたが更に左の方向でした。瀬戸大橋のロケーションは抜群です。
FC2B7055.jpg

       12月17日撮影
 抜群の場所が見つかりました。撮影は太陽が南に偏っている今の時期のみでしょう。カメラの設定が悪いです。
FC2B7047.jpg

FC2B7049.jpg

       寄島からの瀬戸大橋遠望
 10 km は離れているでしょう。
FC2B7031.jpg

FC2B7032.jpg

 撮 : 12月13日
       三ツ山の日の出 寄島
FC2B7027.jpg

FC2B7029.jpg
     

ツルの散策    12月19日

             ツルの園内散策と飛翔
 新春行事の園内散策や初飛翔に向け特訓 ? が行われておりその様子を撮りに行きました。12月には2回行われましたがタイミング良く撮れません。

          タンチョウツルの飛翔

 撮 : 12月9日
       飛翔の開始
 飼育ゲージから出てきての最初はすぐ飛び立ちます。
FC2B7003.jpg

       優雅な飛翔
FC2B7004.jpg

FC2B7005.jpg

FC2B7007.jpg

       4羽揃ってのスタート
FC2B7011.jpg

       2羽の飛翔開始
FC2B7013.jpg

       残る紅葉と岡山城
FC2B7016.jpg

       多くのカメラマンにポーズ
FC2B7017.jpg

 撮 : 12月17日
       エサを探して園内散策
FC2B7036.jpg

FC2B7037.jpg

FC2B7039.jpg

       4羽の飛翔
FC2B7042.jpg

FC2B7043.jpg

FC2B7044.jpg

       着地体制
FC2B7045.jpg

       真剣な眼差し 何かを云ってるのでしょうか
FC2B7046.jpg

スーパームーン    12月3日

             五重塔とスーパームーン

 備中国分寺に隣接する五重塔に昇ってくるスーパームーンを撮ることが出来ました。出来栄えは良くありませんが記録としてアップしておきます。
 撮 : 12月3日

       スーパームーン
 トリミングしています。スーパームーン最大時より6時間前頃でしょうが。
FC2B6973.jpg

       月の出初め
FC2B6956.jpg

FC2B6957.jpg

FC2B6958.jpg

FC2B6959.jpg

FC2B6960.jpg

FC2B6962.jpg

       相当登りました
FC2B6963.jpg

FC2B6964.jpg

       伽藍をセンターに
FC2B6966.jpg

       伽藍がはっきりと
FC2B6967.jpg

       月をも突き刺す伽藍
FC2B6969.jpg

       離れます
FC2B6972.jpg

北房イルミネーション

           始まった北房イルミネーション祭り

 奥大山からの帰り道、この日から始まった旧コスモス広場に作られたイルミネーションに遭遇したのでしばらく遊んできました。
敷地一杯に飾られた思い思いのイルミネーションが光り輝いていました。

 撮 : 12月2日

          主題 ハートひろば
       点灯式セレモニー挨拶
FC2B6924.jpg

       ハートのイルミネーションばかり
FC2B6926.jpg

FC2B6928.jpg

       トンネルに入る人たち
FC2B6930.jpg

       ハートの中に13夜のお月さん
FC2B6932.jpg

       ハートのセンターにお月さん
FC2B6933.jpg

       記念撮影中を後ろから
FC2B6934.jpg

       以下、いろいろな角度から
FC2B6935.jpg

FC2B6936.jpg

FC2B6938.jpg

FC2B6941.jpg

FC2B6942.jpg

       ツリートップに13夜のお月さんを配置
FC2B6940.jpg

明地峠を経て奥大山へ

             紙の館へ寄り奥大山御机へ
 私用(コンテスト表彰式)で親子孫水車がある紙の館に寄り、この後明地峠を抜け奥大山へと行ってきました。明地峠では雲海撮影ポイントとして少し山が整地されていました。今日は見事な晴天に恵まれ満足な1日でした。
 撮 : 12月2日

          紙の館と神郷親子孫水車
       水車小屋と親水車
FC2B6910.jpg

       親子孫水車三連
FC2B6913.jpg

       窓に映る紅葉と赤いポスト
FC2B6911.jpg

       紙すき体験場
FC2B6912.jpg

          明地峠の雲海スポット
       明地峠よりの大山南壁
FC2B6915.jpg

       雲海は鉄塔を隠します
FC2B6916.jpg

FC2B6914.jpg

          御机と奥大山
       唱歌石碑と大山
FC2B6917.jpg

       鈴なりの柿と萱葺小屋
 屋根の葺き替えが10月に行われたのでなじんでいません。
FC2B6919.jpg

       カッパを洗う老婆
FC2B6918.jpg

       一段下の道路より
FC2B6920.jpg

       スキー場のチャペルの鐘と大山
FC2B6921.jpg

       この場所にもクマ出没とか
FC2B6922.jpg