FC2ブログ

シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
| OLD »

レンゲまつり

             備中国分寺を取り囲むレンゲソウ

 レンゲ米の生産のため肥料となるレンゲの植付け面積が広がり、今年は周りの田圃がほぼ埋め尽くされました。このレンゲが五重塔を取り囲む景色は見ごたえがあります。29日からはレンゲまつりも開催されています。
 撮 : 4月22・27日

          国分寺のレンゲソウ

       レンゲに映える青空
FC2B0398.jpg

FC2B0399.jpg

       奥の山は福山・幸山
 上の写真と背中合わせに撮ったものです。作付け面積の大きさを想像してください。
FC2B0402.jpg

       合掌造りとミツバチの巣箱
 レンゲ蜜が集まります。
FC2B0403.jpg

FC2B0404.jpg

       白のレンゲと五重塔
 撮 : 5月22日 
FC2B0405.jpg

 撮 : 5月22日
FC2B0406.jpg

       白いレンゲ
 撮 : 5月27日
 今回白いレンゲは4箇所で確認しました。
FC2B0407.jpg

FC2B0408.jpg

FC2B0409.jpg

       レンゲの中にアオサギが
FC2B0410.jpg

       朝寝坊するシロチョウ?
FC2B0411.jpg
スポンサーサイト



金田一耕助

             金田一耕助誕生会と黒いチューリップ

 作家横溝正史の疎開先が真備町岡田にあり、毎年誕生会や1000人のコスプレイベントがありその中心となる場所です。チューリップは推理小説をイメージして富山県の産地組合から3年前から毎年送られてくるものを育てているものです。
 撮 : 4月21日

          現存する疎開先と黒いチューリップ

       玄関外門と看板
FC2B0356.jpg

       ノボリと疎開宅
FC2B0364.jpg

       外縁と打水された庭
FC2B0366.jpg

       庭の敷石
FC2B0367.jpg

       疎開宅前の花畑
FC2B0357.jpg

       花文字は「金田一まび」
FC2B0363.jpg

       花壇の展望台
FC2B0358.jpg

       花文字と黒いチューリップ
FC2B0365.jpg

       一直線に植えられた黒いチューリップ
FC2B0361.jpg

       黒いチューリップ一輪
FC2B0362.jpg

FC2B0359.jpg

       チューリップアツプ
FC2B0360.jpg

まび美しい森   

             鯉のぼり三連が泳ぐ真備の山中公園

 昨年の豪雨水害で大被害を受けた真備ですが、山中にある真備美しい森には子供の日に向けて今年も鯉のぼりが元気に泳いでいます。
 撮 : 4月21日

          真備美しい森の鯉のぼり

       公園山中の散歩道案内板      
FC2B0342.jpg

       大山桜230本が植樹
 樹高は5~10mはあるようでしたので開花時には見ごたえがありそうです。来年は是非見に来なくては。
FC2B0343.jpg

       谷合いで泳ぐ鯉のぼり
FC2B0346.jpg

FC2B0347.jpg

       山桜と泳ぐ鯉のぼり
FC2B0348.jpg

       三連がやっと撮れました
FC2B0349.jpg

FC2B0350.jpg

FC2B0351.jpg

FC2B0352.jpg

       タンポポと鯉のぼり
FC2B0353.jpg

近くの山の山野草

             近くの山に咲く山野草

 山野草が育てられている近くの山へ出かけました。花は順調に開花していました。
 撮 : 4月16日

          多くの山野草が咲く総社の山
 山崩れでの道路の補修も終わり通れるようになりましたが、何せ道幅が狭いので対向車が来ないのを祈って進んでいきます。

       シラネアオイ
 今年も100株ほど花芽をつけていますが、移植後の密集にはもう少し時間がかかりそうです。
 県内で見れるのも珍しいです。
FC2B0289.jpg

FC2B0290.jpg

       ミツガシワ
 県内で育っている場所は少なくなりました。
FC2B0291.jpg

FC2B0293.jpg

       湿地に密集するミツガシワ
 この周りの湿地にはハッチョウトンボなども生息しています。管理者が高齢ですので水の管理がいつまで出来るでしょうか。
FC2B0296.jpg

       ハルオコシ
FC2B0298.jpg

FC2B0299.jpg

FC2B0294.jpg

       一面に咲き広がるハルオコシ
FC2B0295.jpg

       オグルマソウ
 湿地に背丈が伸びてきました。昨年より多く咲きそうです。
FC2B0304.jpg

FC2B0305.jpg

       ミズバショウとリュウキンカ
 タイミング良く近くで咲きました。
FC2B0300.jpg

       ミズバショウ
FC2B0301.jpg

       リュウキンカ
FC2B0303.jpg

       イカリソウ
 黄色系がはびこって咲いています。紫と白系はどこへ行ったのやら。
FC2B0302.jpg


       ショウジョウハカマ
FC2B0308.jpg

FC2B0309.jpg

       コマクサ
 管理人さんの屋敷庭に咲いていました。
FC2B0306.jpg

       シザレサクラ
 電線を避けて撮ったので枝垂れが見れません。
FC2B0307.jpg

ツバキ

             圀勝寺の椿まつり
 矢掛町にある圀勝寺の樹齢約350年の大椿があります。樹高約8m・枝はりの周囲約9mの大木です。この大木から落ちた花が作り出す深紅の絨毯が見ものです。
 撮 : 4月13日

          落ち椿が主役
 訪問した日は椿祭り当日で多くの人たちでにぎわっていました。

       椿祭りのノボリ
FC2B0332.jpg

       祭りのハッピを羽織った手伝いの高校生
FC2B0333.jpg

       振舞いうどんの蒲鉾にも椿マーク
FC2B0334.jpg

       大木の説明看板
FC2B0335.jpg

       手水鉢に浮かぶ椿
FC2B0336.jpg

       深紅の絨毯の数々 4枚
 時期的には少し遅かったようです。
FC2B0337.jpg

FC2B0338.jpg

FC2B0339.jpg

FC2B0340.jpg

イワナシなど

             赤和瀬渓谷付近に咲く山野草

 醍醐桜を後にして、伯洲山のイワウチワを撮りに、その帰りコースを森林公園へととりその道中の山野草を撮ってきました。
 撮 : 4月12日

          熊出没注意の看板
 中国山脈の山々にはツキノワグマなどが多く生息しており人里にも出てくるようです。
FC2B0287.jpg

       シロバナネコノメソウ
 岩井畝の大桜付近に咲いていました。
FC2B0258.jpg

FC2B0259.jpg

       伯洲山のイワウチワ
 開花が遅れこの一輪しか撮れませんでした。
FC2B0262.jpg

       羽出川沿いの高台に咲く
FC2B0266.jpg

       羽出川渓流傍に咲く
FC2B0267.jpg

       イワナシ
 陽当たりの良い絶壁にかろうじて咲いていました。
FC2B0268.jpg

FC2B0269.jpg

FC2B0270.jpg

       キクザキイチゲ
 陽が陰ったのと寒さで萎んでいました。
FC2B0271.jpg

FC2B0272.jpg

FC2B0273.jpg

       森林公園のミズバショウ
FC2B0274.jpg

FC2B0275.jpg

FC2B0276.jpg

       ザゼンソウ
 まだ開花した数は少ないようでした。
FC2B0278.jpg

FC2B0280.jpg

FC2B0281.jpg

       バイカオウレン
 県内の数少ない自生のひとつです。今年も健在でした。
FC2B0282.jpg

FC2B0283.jpg

FC2B0284.jpg

FC2B0285.jpg

FC2B0286.jpg

醍醐桜

             醍醐桜を撮りに

 毎日パソコンのライブカメラで確認はしていましたが,天候がすつきりせずタイミングが捕らえられず少し無理して見込みで出かけました。日の出は薄雲に邪魔されその後も時々しか青空を見せてくれませんでした。さらにカメラの設定ミスもやらかせてしまい散々な撮影でした。
 撮 : 4月11・12日

             醍醐桜
 樹齢千年を超える大木です。
       山上の1本桜

FC2B0235.jpg

          ライトアツプされた醍醐桜
       西側より
FC2B0236.jpg

       半月と醍醐桜  西側北より
FC2B0237.jpg

       西側より
FC2B0239.jpg

       南側より
FC2B0240.jpg

       醍醐桜へ続く誘導灯
 北側茶店方向より
FC2B0241.jpg

       朝陽を浴びて
FC2B0242.jpg

FC2B0243.jpg

       2代目醍醐桜とコラボ
 手前はソメイヨシノ。
FC2B0244.jpg

       茶店よりの醍醐桜
FC2B0245.jpg

       菜の花とのコラボ
FC2B0246.jpg

       屋根越に見る醍醐桜
FC2B0247.jpg

       醍醐の里集落
FC2B0248.jpg

          岩井畝の大桜
FC2B0249.jpg

FC2B0250.jpg

FC2B0251.jpg

          JR月田駅のサクラ
FC2B0257.jpg

       駅ホームに並ぶ桜並木
FC2B0252.jpg

FC2B0253.jpg

種松山のさくら

             山を染める種松山のさくら

 今年はどこへ行っても満開のさくらのお出迎えでした。アップが遅れましたが、これから数ヵ所アップしようと思います。
 撮 : 4月8・9日

          咲き誇るソメイヨシノ
       水島コンビナートと共存する種松山
FC2B0211.jpg

       山頂駐車場に咲くさくら
FC2B0212.jpg

          さくらのトンネルシリーズ
FC2B0215.jpg

FC2B0214.jpg

FC2B0217.jpg

FC2B0218.jpg

FC2B0221.jpg

FC2B0222.jpg

FC2B0224.jpg

          ため池より山を見上る
FC2B0220.jpg

FC2B0226.jpg

 この高圧ケーブルがはしっていなければ良いのですが。
FC2B0227.jpg

       別の場所から
FC2B0234.jpg

       公園の池とさくら
 行楽シーズン以外はカワセミハンターが大砲(超望遠レンズ)を並べます。
FC2B0233.jpg

       今年のご当地ソメイヨシノ
FC2B0225.jpg

       大島さくらとソメイヨシノのコラボ
FC2B0228.jpg

       大島桜のアップ
FC2B0229.jpg

美観地区さくら

             美観地区に咲くさくら

 美観地区倉敷川河畔に咲くサクラを撮って見ました。古い建物と川に映り込むサクラの組み合わせを初めて撮ってきました。
 撮 : 4月5日・7日

          さくらと美観地区の景観

       さくらと大原美術館
FC2B0619.jpg

       倉敷川の白鳥とさくら
 もう1羽は卵を抱いていて出てきません。
FC2B0620.jpg

       映り込むさくらと土産店 (昔倉庫群)
FC2B0621.jpg

FC2B0622.jpg

FC2B0623.jpg

       ガラス器を展示する店
FC2B0624.jpg

       倉敷川の柳と川船
FC2B0625.jpg

       大原美術館と今橋
FC2B0626.jpg

       白鳥とさくら
FC2B0627.jpg

       店舗とさくらの映り込みが似合うポイント
FC2B0628.jpg

FC2B0629.jpg

FC2B0630.jpg

       談笑する観光客たち
FC2B0631.jpg

       みどり御殿界隈
FC2B0632.jpg

酒津公園さくら

             酒津公園に咲くさくら

 公園のさくらが咲き花見の時期となりまた。今年のサクラは3月初めの冷え込めで開花が遅れました。
 撮 : 4月6日

          公園に咲くさくら

       花見宴席の場所取り
FC2B0633.jpg

       さくらのトンネル
FC2B0635.jpg

       ボンボリに灯がともり
FC2B0636.jpg

       大木の枝が垂れ下がり
FC2B0637.jpg

       夕陽があたり
FC2B0638.jpg

       親子でボール遊び
FC2B0639.jpg

       取水池とさくら
FC2B0640.jpg

       縫いぐるみ大型犬のと登場
FC2B0641.jpg

       枝垂れさくらも満開
FC2B0642.jpg