FC2ブログ

シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
|

バルーン天神ナマズ

             天神鯰とバルーン天神ナマズ

 2匹の天神ナマズの展示会がおこなわれていたので天神山プラザに寄り道してきました。
 撮 : 8月28日

          天神山 「鯰」「ナマズ」「なまず」
 岡山城の西500mにある小高い山「天神山」があり、太古の昔からこの地を守ってきた山です。この作品の「鯰」は、林の奥の地面から大きな口をあけ突進してくる姿は、この地を守り育む一方で自然の脅威である地霊を表しこの地を治めるこを意味しているようです。

       天神鯰解説
FC2B3501.jpg

       大きな口です
FC2B3502.jpg

FC2B3503.jpg

          バルーン天神ナマズ
 岡山芸術大学の作品ですが2年前の倉敷真備水害で工房が浸水しほぼ完成していた「ナマズ」も破損し造り直しの出品です。
FC2B3499.jpg

       全長9m・幅4mのバルーン「ナマズ」
FC2B3495.jpg

       いろんな角度から撮って見ました

FC2B3497.jpg

       左下のボックスに注目
 ここに感知センサーがあり拍手したら色の変化やヒレや目が動いたりします。
FC2B3498.jpg

FC2B3489.jpg

FC2B3490.jpg

FC2B3491.jpg

FC2B3492.jpg

FC2B3494.jpg

FC2B3496.jpg
スポンサーサイト



烏城灯源郷と幻想庭園

             夏の烏城灯源郷と後楽園幻想庭園

 この夏の異常な暑さとコロナで外出もままならずですが、会期末も近づいたので熱中症にも気をつけながら行ってきました。
この夏の出し物は少し迫力不足の感が否めませんでした。

 撮 : 8月28日

          烏城灯源郷

       城門・石山門 (不明門あかずのもん)
 現在はこの城門と廊下門が残っています。
FC2B3506.jpg

       天守閣と和傘
FC2B35071.jpg

       立体和傘とお月さん
FC2B3509.jpg

FC2B3510.jpg

FC2B3511.jpg

       木への投影の影
FC2B3515.jpg

       ライトアップされた枝と城
FC2B3516.jpg

       石垣へのライトアップ
 宇喜多秀家の家紋。 石垣写真のコンテストが行われていまた。
FC2B3517.jpg

FC2B3518.jpg

       旭川よりのライトアップされた烏城
FC2B3520.jpg

          後楽園幻想庭園

             幻想的な曲水と石灯篭
FC2B3523.jpg

       ライトアップされた唯心山
FC2B3524.jpg

       砂利島へのマッピング映像
 今はやりのプロジェクションマッピング映像です。
FC2B3526.jpg

       延養亭へのマッピング映像
FC2B3527.jpg



レンゲショウマ

             遅かったレンゲショウマ

 総社の山のレンゲショウマを思い出し撮りに出かけましたがやはり遅かったようです。10日前にもここには行っていたのですが。
 撮 : 8月月19日

          3株に咲いていました

       すがすがしいレンゲショウマ
FC2B3479.jpg

       幹に害虫が
FC2B3480.jpg

FC2B3485.jpg

FC2B3483.jpg

FC2B3484.jpg

          鉢植えのアサガオ.
 毎日1輪が咲き10日ほど続いています。

 撮 : 8月14日
FC2B3486.jpg

FC2B3487.jpg

 撮 8月15日
FC2B3488.jpg

ヒナノキンチャク

             ヒナノキンチャクを撮りに

 ヒナノキンチャクを撮りに行ってきました。残念ながら少し遅かったようです。山の集落の近くなのでお盆を避けようとしていたのでこの分遅くなったようです。
 撮 8月18日

          ヒナノキンチャク
 今年も健在で岩肌を良く見ると大小10株程度ありました。

       花とキンチャクが半々
 花が終わりキンチャクが綺麗にできて並んでいます。
FC2B3466.jpg

FC2B3467.jpg

FC2B3468.jpg

FC2B3469.jpg

FC2B3472.jpg

       大株のヒナノキンチャク
FC2B3473.jpg


FC2B3474.jpg

          キツネのカミソリ
 道端の草むらの中に咲いていました。花は終わりのようでした。
FC2B3475.jpg

FC2B3476.jpg

FC2B3477.jpg

ハッチョウトンボ

             まだ頑張るハッチョウトンボ

 今朝の新聞にサギソウにとまるハッチョウトンボの写真が載っていたので私もホームグランドの山の湿地へ出掛けました。前回行ったときにはトンボが見られなかったのでしたが今回は運よく見つかりました。しばらく様子を見ていたら特別サービスでサギソウにとまってくれるではありませんか。
 撮 : 8月8日

          サギソウにとまるハッチョウトンボ

       サギソウで休むハッチョウトンボ
 望遠レンズで
FC2B3446.jpg

       マクロレンズで
FC2B3465.jpg

FC2B3445.jpg

       サギソウにとまる直前
FC2B3442.jpg

       休息のハッチョウトンボ
FC2B3447.jpg

FC2B3449.jpg

       美しいサギソウ
FC2B3452.jpg

FC2B3451.jpg

          ヒィーゴ池湿地のサギソウ
 湿地一杯に咲きました。今年のハッチョウトンボは1度も見ることが出来ませんでした。
FC2B3455.jpg

FC2B3456.jpg






イワタバコ

             イワタバコ元気に花をつけて

 度重なる大雨で谷川も流れのコースが変わり山の裾側に流れの道が出来てしまいました。今後さらに浸食が進めば山の一部も崩れるのではないかと心配です。今回は水量が少なく山裾まで行けましたので近くで撮れました。
 撮 : 8月8日

          競い合うイワタバコの花たち

FC2B3457.jpg

FC2B3459.jpg

FC2B3464.jpg

FC2B3460.jpg

FC2B3462.jpg

FC2B3463.jpg

FC2B3461.jpg

カラスウリの開花

             カラスウリの開花を撮りました

          蕾から開花していく姿

       開花の姿が美しい
 美しい姿を選んで撮りました。
FC2B3412.jpg

       蕾から開花の姿を追います
 レースの白い糸が花弁です。1時間程度でレースを出し切り、その後、レースをもう一度綺麗に取込み収納します。
FC2B3413.jpg

FC2B3414.jpg



FC2B3416.jpg

FC2B3417.jpg

 レースが広がり始めました
FC2B3418.jpg


 撮 : 19°12′29″
FC2B3420.jpg

       花弁が突然倒れました
 綺麗に開いたと思った途端、自分の重みか風なのか花弁が折れました。撮影はここで中止です。上の写真が直前に撮ったものです
  撮 : 19°12′47″
FC2B3421.jpg

          以下、開花状況を見ながら適度に撮って見ました。
FC2B3422.jpg

FC2B3423.jpg

FC2B3426.jpg

FC2B3427.jpg

FC2B3428.jpg

FC2B3429.jpg

          生い茂るカラスウリの蔓と花
FC2B3430.jpg

FC2B3431.jpg

          交配を助けるコスズメか
 キイロスズメかもしれません。
FC2B3437.jpg


サギソウの開花

             サギソウやイワタバコの開花

  山の上の湿地ではラッキーなことに丁度サギソウが咲き始めたところでした 。他の花類はみあたりませんでした。帰り道では谷川沿いのあるイワタバコが数輪咲いていました。 
 撮 : 8月3日

          総社の山の湿地に咲くサギソウ

       湿地に姿を見せたサギソウ
 この湿地に密集して咲くのももうすぐです。
FC2B3382.jpg

       アップの写真 5枚
FC2B3377.jpg

FC2B3378.jpg

FC2B3379.jpg

FC2B3380.jpg

FC2B3381.jpg

         イワタバコも咲き始めの旬です
 登り口の沢沿いにあるイワタバコが咲き始めたばかりでした。花が1個落ちていたところでしたので咲き始めは前日でしょうか。3株ほど咲いていました。

       清楚な一輪
FC2B3383.jpg

       一番咲の証
FC2B3384.jpg

FC2B3385.jpg

FC2B3386.jpg

FC2B3388.jpg