シズの山と山野草

登山した山と山野草を追い求めています

TOP | ALL ENTRY | RSS | FONT SIZE : S L Default | ADMIN
« NEW | OLD »

奥津渓の紅葉 10月27日

            ムラサキセンブリ & 奥津渓の紅葉

  ムラサキセンブリを撮ろうと出かけましたが、現地は濃霧で陽が遮られていました。一旦ここはあきらめ奥津渓の紅葉の様子見に車を走らせました。奥津も10時過ぎ頃から青空が見えだしましたが紅葉には少し早かったようです。紅葉まつりライトアップは28日からの予定ですが少し残念ですね。 ここを早々に引き上げセンブリの場所に移動。ムラサキセンブリの数は減っていましたが見頃でした。
 撮 : 10月27日

          奥津渓の紅葉
 ごく一部のモミジの葉が色ついてきたところでした。28日から紅葉まつりやライトアップが始まりますが、まだ1週間後ではないでしょうか。

       奥津八景「琴」公園の紅葉
 色ついているところをアップで撮っています。全体でみると1割にも達していません。
FC2B6721.jpg

FC2B6723.jpg

FC2B6724.jpg

FC2B6726.jpg

FC2B6727.jpg

 現状はこんな状況です。
FC2B6728.jpg

       橋から見た奥津川の紅葉
FC2B6729.jpg

          ムラサキセンブリ
 溜池堤防には10株強見ることが出来ましたが、土手通路には見当たりませんでした。別の場所の廃車置き場は5本程度と大幅減でした。雨が多く平坦地では根腐れをおこしたのか種が腐ったのかもしれませんね。それでも姿を見せて貰って喜ばしい限りです。

       ムラサキセンブリ7様
FC2B6736.jpg

FC2B6733.jpg

FC2B6732.jpg

FC2B6737.jpg

FC2B6739.jpg

FC2B6743.jpg

FC2B6744.jpg

       センブリ
 若干色がついている気もするのですが。
FC2B6753.jpg

FC2B6750.jpg

       リンドウ
 ヤマリンドウはいたる所に花をつけ咲いていました。例年より多い感じです。
FC2B6749.jpg

FC2B6751.jpg

       フユワラビ
FC2B6752.jpg



最近撮った夕陽や夕焼け 10月18日

             最近撮った夕陽や夕焼け
  最近は天候が安定せず自然相手の写真撮りは苦労が多いですね。今回は夕焼け・夕陽
シリーズです。


          サンセットフェスタin児島
 今年の「夕陽と音のコンチェルト」は、23・24日と鷲羽山で行われました。23日は曇りで夕陽は出ず、24日に瀬戸大橋を映す素晴らしい夕陽や夕焼けを見せてくれました。
  撮 : 9月24日
       沈みゆく太陽
 下津井大橋(岡山県側)に陽は沈んでいきます。
FC2B6674.jpg

       素晴らしい夕焼け雲
 斜張橋と備讃瀬戸大橋を包み込む夕焼け雲です。
FC2B6675.jpg

          鬼ノ城の夕陽と夕焼け
 撮 : 10月11日
       尾根に沈みゆく夕陽と西門
FC2B6676.jpg

FC2B6678.jpg

       雲間から姿を見せる太陽
FC2B6680.jpg

       経山方面に広がる夕焼け雲
FC2B6681.jpg

       西門に迫りくる夕焼け雲
FC2B6684.jpg

       備中国分寺の夕焼け
 撮 : 10月8日
FC2B6685.jpg

FC2B6686.jpg

FC2B6687.jpg

       西陽に照された赤米の穂
FC2B6688.jpg

       福山に沈みゆく
 撮 : 10月10日
FC2B6689.jpg

FC2B6691.jpg

       旅客機と排気が陽を浴びて
FC2B6693.jpg

ツルの散策    10月16日

             後楽園ツルの散策
 元旦の散策・飛翔に向け先月から訓練が始まりました。先月は行けなかったので今回が初参加です。素晴らしい写真が撮れると良いのですが。

          ツルの飛翔と争い
 優雅な姿で飛翔してくれました。ところが着地直後に恋の争いなのか一匹のオスが猛然と突き進んでいき追いたてました。
 撮 : 10月9日

       姿を現したツル
 このまま飛び立ちます。
FC2B6653.jpg

       岡山城を背に
FC2B6654.jpg

       陽を羽根に受けて
FC2B6656.jpg

       4羽での飛翔
 ほぼ30分後に4羽揃って飛び立ちました。 
FC2B6657.jpg

       池面に姿を映して
FC2B6658.jpg

       着地の瞬間
FC2B6659.jpg

       このポーズどう ‼
FC2B6661.jpg

       恋人を盗られたのかな
FC2B6662.jpg

       威嚇のポーズ?
FC2B6663.jpg

       猛然と走りだしました
FC2B6664.jpg

       飼育員も仲裁に駆け寄ります
FC2B6665.jpg

       あわや衝突
FC2B6666.jpg

       必死の形相で逃げます
 メスは知らん顔で見ています。
FC2B6667.jpg

       飛んで逃げます
 逃がしたかとションボリ。
FC2B6668.jpg


          岡山城鉄砲隊
 8・9日と市内中心部では「桃太郎まつり」が行われていて、その一つとして岡山城では火縄銃のデモンストレーションがありました。
 撮 : 10月8日

       沖縄の太鼓と踊り
FC2B6669.jpg

       火縄銃の摸射
FC2B6670.jpg

       一斉射撃
FC2B6671.jpg

       火を噴いています
 これは単筒です。
FC2B6672.jpg

       重量の火縄銃
 射手には後ろによろけるほどの反動があります。
FC2B6673.jpg

最近の写真    10月7日

             最近の撮りため写真
 写真は撮ってはいたのですがアップの気力がわかずしばらく遠ざかりました。そのようなことで今日はバラバラの組み合わせになっています。

          倉敷ジーンズ発祥のルーツ綿
 ジーンズ生地が織れるようにと綿の栽培が始まりました。今年は順調に育ちもうすぐ収穫の予定のようです。
 撮 : 10月5日
      青空に映える綿の実
FC2B6636.jpg

       綿の花
FC2B6639.jpg

       綿の実アップ
FC2B6633.jpg

FC2B6640.jpg

          狂い咲きのサクラ
 撮 : 10月5日
       多くの花をつける
FC2B6630.jpg

FC2B6619.jpg

FC2B6621.jpg

      キンモクセイ
 桜の木の根元に咲き香りを発散しています。
FC2B6622.jpg

          コスモス
 今を盛りとばかり色んな場所に咲いています。
       青空に向かって
 綿畑の隣の敷地に植えられていました。残念ながらここのコスモスの開花はおくれています。
FC2B6641.jpg

 撮 : 10月7日
FC2B6645.jpg

       一面に咲き広がる
 コウモリ塚古墳近くの田圃にさいていました。
FC2B6644.jpg

       夕陽に照らされ
 撮 : 10月4日
FC2B6647.jpg

          中秋の名月
 撮 : 10月4日
       備中国分寺屋根屋根に浮かぶ
 月の明りに透ける薄雲が素晴らしい。
FC2B6648.jpg

       名月が土星に変化か ‼
FC2B6652.jpg

       五重塔の間から見る名月
FC2B6650.jpg

美川のヒガンバナ    9月23日

             美川に咲くヒガンバナ
 県内のヒガンバナの名所である矢掛町美川のヒガンバナを撮ってきました。今年も地域の人たちが草刈りをされたということで、見ごたえのある花が一面に咲いていました
 撮 : 9月21日

          河川の中に咲くヒガンバナ
 カーブする土たまりに毎年咲いてくれます。川幅が狭いので河川敷とは言い難いです。

       ナミアゲハがやってきました
 川は濁っています。
FC2B6485.jpg

       チョウも食事に忙しそう
FC2B6486.jpg

       水量を監視するヒガンバナかな
 残念ながら2日前の雨の影響で川が濁っています。
FC2B6491.jpg

       一等地に咲く
FC2B6494.jpg

       撮影ポイント
 この地一番のポイントです。もう少し手前があるのですが。
FC2B6488.jpg

          白糸の滝 
 この滝のヒガンバナはほんの少しです。川筋の土手には咲いているのですが。

       石識と滝への橋
FC2B6476.jpg

       滝とわずかに咲くヒガンバナ
FC2B6477.jpg

       滝を見つめる
FC2B6478.jpg

          別の場所に移動して
       法面に咲く
 山裾の一軒家への道つくりでできた法面でしょうか。
FC2B6479.jpg

       リコリスアルビピンク?
 多くのヒガンバナの中でここ2本のみでした。園芸種なんでしょうね。
FC2B6480.jpg

FC2B6481.jpg

       実る稲とヒガンバナ
FC2B6483.jpg

       集落の法面に残るヒガンバナ
FC2B6502.jpg

 稲刈りが終わった田圃で新芽が出て
FC2B6504.jpg

       鎮守の建屋に残る古絵馬
FC2B6500.jpg

       お地蔵さまとヒガンバナ
 屋根付きのお地蔵さんで集落の人たちにしっかりと守られているのでしょう。わずかな隙間よりヒガンバナが。
FC2B6499.jpg

       干し藁の向こうにヒガンバナ
FC2B6506.jpg

       干し藁を回収する農家の夫婦
 撮影が終わった直後で良かった。少し前までは大阪よりの写真ツアーメンバーが撮影していた干し藁でしたが。
FC2B6507.jpg